NTTドコモは、AI(人工知能)を活用したドコモオンデマンド交通システム「AI運行バス」を、4月1日から全国で販売をはじめる。

一営業区域あたりの提供価格は初期費用50万円、月額費用18万円から。営業区域数とバスの車両台数で価格は変わる。「AI運行バス」はNTTドコモの登録商標。

<テクノロジー関連記事>
https://goo.gl/t2j8bL

乗りたいときに、乗りたい場所で

NTTドコモ「AI運行バス」は、乗りたいときに、乗りたい場所で、誰でもかんたんに乗車予約できるオンデマンド交通。

スマートフォンのアプリや電話から利用可能。予約は乗車人数、乗降場所、乗降希望時刻などを伝えるだけ。

時刻表も運行ルートも決めず、利用者の移動需要に最も効率的に対応できる送迎順で、必要な乗降ポイント間を走行することができる。

定時・定路線の循環バスなどに比べ、利用のない区間の走行が不要になるなどの効率化も見込める。

<ビジネス関連記事>
http://urx.red/cWoI

リクエスト変更などもAIでリアルタイム対応

NTTドコモ「AI運行バス」は、出発地・目的地の異なる多くの利用客の乗降リクエストが新たに発生すると、複数の車両から効果的な配車・ルートをAIがリアルタイムに算出。効率的な乗り合わせ(乗り合せる組合せ)を実現させる。

また、日本全国の大量の人口統計データを活用し、移動需要のある場所、時間、乗車人数を事前にAIで予測。これに応じた走行ルートや配車数を決定できる。

さらに、運行地域内の店舗・施設、周辺サービスと連携し、周遊・送客効果を高めるなど、地域の活性化につなげる仕組みも一体的に利用できる。

Source: New feed

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事