身体の固さや猫背からくる、首の痛みや肩こりが、すーっと消えていく! こ、これ、マジでほしい!

リモートワークやテレワークで、パソコンとむきあう時間がめちゃめちゃ増えたいま、猫背や身体の固さからくる肩こり、首の痛みで悩む人が急増中。

こうした身体の固さや猫背を解消するには、日ごろからのストレッチが効果的といわれるなか、↑↑↑のように圧倒的なストレッチと身体を柔らかくするツールが誕生!

その名も「ZERO-i Tuning Pole」(チューニングポール)。ゼロイニシャライズ社が開発したストレッチポールで、他社製品と決定的に違うのは、その柔らかさ。

今回、この ZERO-i チューニングポール を使った「3分ストレッチ」(3分チューニング)体験会に参加。その圧倒的で即効的な身体変化を実感してしまった!

3分ストレッチを教えてくれたのは、この ZERO-i チューニングポール を開発し、プロ野球選手やトップアスリートのトレーナーを務める全明伸(チョン・ミョンシン)トレーナー。

全トレーナーが直伝する3分チューニング(3分ストレッチ)が、この動画↓↓↓

肩甲骨や股関節は、3分チューニングで凝り固まった身体をストレッチ!

リモートワークやテレワークのPC作業で凝り固まった身体は、3分ストレッチでやわらかくできる!

自宅で3分でできるチューニングメソッドが↑↑↑の動画。

背骨に沿うようにポールに寝転がるだけで、まず肩や腰が、重力によってすっと開いていく。これだけでも背中や胸、腰のストレッチになる。

まずは肩甲骨ムーブ。両手を重力にまかせて上げていくと、これが最初は、痛い! 自分の身体がだいぶ凝り固まっていることがわかる。

肩甲骨を動かしストレッチすることで、背中や胸のまわりがやわらかくなる。

これ、繰り返すうちに、肩甲骨の可動域が広がり、肩こりや首の痛みが消えていくのを、ガチで実感!

次に股関節ムーブ。今度は股関節の可動域を広げることで、腰の痛みや腰の疲れも改善できる。

そして体側ストレッチ。体幹をストレッチすることで、肩甲骨と股関節の連動性をアップさせる。

どの動きも、動作中は息を吐きながら、がポイント。

で、3分ストレッチのあとに、床にあお向け(天井にむいて)に寝てみると……なんと! 肩や腰が、ぴったり床にくっついてる!

つまり、猫背で曲がった背中が、まっすぐになっているってこと! これには体験した誰もが驚いて、ほんとびっくり。

これなら毎日続けられる。しかも、3分ストレッチでこれだけ身体の凝り固まりを改善できるのは、この ZERO-i チューニングポール の絶妙で唯一の柔らかさ、ソフト感があるからこそ!

――― どう? 試してみたいでしょ。気になる人は、スペックや3分チューニングなどの詳細は、公式ホームページ↓↓↓をチェックしてみて。

https://zero-i.jp/product/tuning-pole/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事