埼玉西武ライオンズ本拠地、メットライフドーム(西武ドーム)のLED掲示板が青空色に染まり、少年の始球式で試合開始―――。

10月6日から始まった 埼玉西武ライオンズ vs 福岡ソフトバンクホークス 3連戦の初戦は、2点リードをキープした埼玉西武ライオンズが3対1で勝利。福岡ソフトバンクホークスの連勝を4で止めた。

この日は、FPパートナーが運営するマネードクターの冠試合「マネードクターデー」で、LED掲示板は青空色のマネードクターブランドロゴが一面に映し出され、西武ライオンズの選手ユニフォームに華を添えた格好。

始球式には少年野球チームの小学生が大抜擢!

西武 VS ソフトバンク「マネードクターデー」の始球式には、地元少年野球チームで活躍する小学生を大抜擢。

始球式に挑んだ男子小学生は、ブルペンや観客席からの視線に怖気づくことなく、マウンドに立つと、バッターボックスうしろで構える森友哉のキャッチャーミットに堂々と白球を投じ、観客らを「おおーっ」と唸らせた。

また、7回終了後には、ライオンズ選手のサイン色紙が当たる「ラッキーチャンスナンバー」を開催。

マネードクターのブランドカラーである青色の電光掲示板に当選番号が映し出されると、観客はみんな、自分のナンバー入りのチラシをみて「うわっ外れた!」と大盛りあがり。

埼玉西武ライオンズのファンに対する姿勢にマネードクターが共感

「これまでもパラスポーツ競技などに協賛し続け、スポーツ界をサポートすることで地域貢献や地域創生に貢献してきた。今回の『マネードクターデー』は、埼玉西武ライオンズのファンに対する姿勢にマネードクターが共感し、実現したかたち」

そう語るのは、マネードクターを運営するFPパートナー経営企画部マーケティング室 平田 課長。同社は今後もスポーツ業界への支援を通じ、地域活性化、社会貢献を継続していく構え。

―――マネードクターは、ファイナンシャルプランナー(FP)に家計の見直しだけでなく、保険相談・貯蓄方法・相続対策・教育資金の準備方法など、お金に関するあらゆる相談を無料でできるサービス。

対応する相談は、ライフプラン作成、キャッシュフロー表作成、保険の新規加入・見直し、資産形成の方法、老後資金の準備方法 など。

自宅・勤務先・最寄りのカフェ、全国47都道府県にあるマネードクターの支社・店舗などでの対面相談のほか、自宅からのオンライン相談も可能。相談は何度でも無料。

マネードクターには、ファイナンシャル・プランニング技能資格(国家資格)をはじめ、相続診断士、住宅ローンアドバイザーなど「生活とお金」に関連した資格を取得した FP も多数在籍。

同社所属のファイナンシャルプランナー(FP)は、生命保険募集人資格を保有し、必要に応じて各種保険の加入検討・見直しなどもサポート。さらに顧客に「安心していただける相談」を実現すべく、顧客情報の安全管理体制の整備やシステムセキュリティ強化を重ねている。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事