いま国内のコーヒーをとりまくニーズは、生豆からの焙煎がトレンド。でも、店舗に焙煎機材を入れるとなると、たちまちコストがふくらみ、職人レベルの技術もいる―――そんな国内のコーヒー現場事情に、新しい選択肢。

ネスレ日本は、ヨーロッパから始動した新ブランド「ROASTELIER by NESCAFÉ」(ローステリアバイネスカフェ)を国内初導入。3月23日から全国へと展開していく。

この新ブランド「ROASTELIER by NESCAFÉ」は、ヨーロッパの一部地域で展開する「ROASTELIER」をグローバル展開するネスレコーヒー事業のプレミアムブランド。

自家焙煎のプレミアムコーヒーを、手軽に提供できる「これまでにない画期的な新サービス」という。

その内容は、焙煎機・コーヒー豆・販売サポートの3セットを店舗に提供し、「低コストで誰でもかんたんに、本格的な自家焙煎プレミアムコーヒーを出せる店に変革できる」という仕組み。

焙煎機・フィルターがセットになった月額4万4,000円(税込)リース費と、専用コーヒー豆の購入で、「誰でもすぐに本格的自家焙煎コーヒーメニューを提供できる」という。

またこうした「ROASTELIER by NESCAFÉ」に注目する顧客は「サードウェーブコーヒーやスペシャリティなど、オリジナルの味やバリスタがこだわる店、高価格帯ベーカリーやプレミアムパティスリー、ホテルなど」とも話していた。

コンセントを差せば動き出す、ビジュアルも香りも高次元

従来の業務用焙煎機は、その設置前後の工費・メンテナンス費などで高コストなうえ、大型機材で設置スペースも占領され、コーヒー豆を自家焙煎する技術が必要だった。

「ROASTELIER by NESCAFÉ」焙煎機は、コンパクトサイズで狭いスペースに設置でき、コンセントを差せば動き出す。

産地ごとにわけられた専用コーヒー豆から、最大6通りの焙煎レシピを選択し、タッチパネルにタッチするだけで焙煎が始まる。焙煎時間は約10分。

また、「プライムロースト豆」各製品のパッケージにあるQRコードを焙煎機で読み取ると、そのコーヒー豆ごとに最大6通りの焙煎レシピが選択できる。

「生豆が焙煎されていくのを、カウンターやキッチンからずっと眺めていたくなる気分に。ほんのり、香ばしいコーヒーの香りが、焙煎中にただようのもいい」と担当者はいう。

さらに、焙煎時に発生する煙や微粉も自動吸引するため、排煙用の工事も不要。日々の手入れは毎日20分程度の清掃のみ。年2回の定期点検も無償でついてくる。

焙煎したてのコーヒー「Freshly Roasted Coffee」が誰でもすぐに実現

ネスレはこの「ROASTELIER by NESCAFÉ」で、「焙煎したてのコーヒー豆から抽出することで、豊富で華やかな香りや、鮮やかで広がりのある豊かな味わいが楽しめる。これこそが Freshly Roasted Coffee」という。

また「焙煎したての豆から抽出される『Freshly Roasted Coffee』ならではの香りや味わいは、外食店で提供するメニューとしてだけでなく、焙煎したてのコーヒー豆をテイクアウトで販売することで自宅でも楽しめる」とも。

そして、すでにこの「ROASTELIER by NESCAFÉ」を導入している店舗もある。

3月27日には、「ROASTELIER by NESCAFÉ」の世界観を体験できる旗艦店「ROASTELIER by NESCAFÉ三宮」を神戸市内にオープン。

千葉・船橋にある「PHILOCOFFEA」のオーナーで「ROASTELIER by NESCAFÉ」アンバサダーの粕谷哲代表は、「ネスレが提唱する、焙煎したてのコーヒー『Freshly Roasted Coffee』というコンセプトに共感した。新しいアプローチで、コーヒーの可能性を拡げるような活動に参画できることをうれしく思う」と語る。

また、「PATHFINDER XNOBU」の下山修正オーナーは、「自身の店で焙煎機導入を検討していた。『ROASTELIER by NESCAFÉ』のコンセプトの斬新さに惹かれて導入を決断した。アレンジ次第で数多くのオリジナルブレンドをつくれる。この焙煎機は、わたしのやりたいことを実現させてくれた」とも話していた。

―――ネスレ日本が国内へ初導入する「ROASTELIER by NESCAFÉ」(ローステリアバイネスカフェ)。その詳細と導入イメージは、公式ブランドサイトとコンセプトムービーで公開している。
https://www.nestleprofessional.jp/beverages/roastelier

記者発表会(3月23日/東京・原宿)に登壇したネスレ日本常務執行役員 ジェローム・プジェ 飲料事業本部長、同アウトオブホームビジネス部 橋本研吾 部長、PHILOCOFFEA オーナー粕谷哲 代表。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事