世はまたも緊急事態宣言。気ままに外出できないいま、最新プロジェクターが注目を集めている。

そのひとつ、Android TVプロジェクター「XGIMI Halo」は、2リットルペットボトルを半分に切ったほどの大きさ(113.5mm/171.5mm/145mm)で、高性能をコンパクト性を兼ね備えたプロジェクター。

この箱に58.6Whの大容量バッテリーを搭載し、省エネモードで映像が最大4時間、音楽が最大8時間、コードレスでプレイできる。

まさに、お部屋でもアウトドアでも、いつでもどこでも迫力ある映像空間をつくれるという一台。

映像表現力も一段上を行く。この「XGIMI Halo」は、最高800ANSIルーメンという高輝度(明るさ)とフルHD(1080p)の解像度を投影できる高画質性能を備え、さらに音響システムにはあの Harman Kardon スピーカーを搭載し、高音質性能も両立させたモデルといえる。

手持ちのGoogleアカウントでログイン、すぐ大迫力映像空間に!

箱から取り出して、Android TVプロジェクター「XGIMI Halo」を起動。壁に映し出されるアナウンスどおりに、付属のリモコンでGoogleアカウントでログインしてすすめていくと、すぐにセットアップは完了する。

この「XGIMI Halo」には、オートフォーカスの検出ポイントを1万か所も備え、数秒で自動的にフォーカスを調整してくれるから、置くだけですぐに鮮明な動画が映し出される。また「Smart keystone補正」(特許取得済)で垂直方向に±40度まで自動的に補正してくれる。

さっそく YouTube を立ち上げて、お気に入りのメタルバンドのプレイをみてみると……これが予想以上に大迫力。パソコンの画面とヘッドホンとはまた違う世界。

思いのほかスピーカーから迫力あるサウンドが部屋中に響き渡り、本体を壁から遠ざけることで自由に画面の大きさを変えられる。

「XGIMI Halo」本体のちかくで視聴すると、迫力サウンドと映像美を全身で体感できる。

ちなみに、鉄道チャンネル「しゃべ鉄気分」の公式YouTubeアーカイブもみてみると……キャストの声が部屋に自然と響き渡り、スタジオにいるような気分。

さらに鉄道走行音などもリアルに聞こえてきて、車内の映像、外からとらえた列車走行シーンなども、大迫力に映し出される。

「いまさっき撮影した動画」をすぐに大画面で再生、みんなで鑑賞できる!

「XGIMI Halo」のCPUには、「Amlogic T950X2」を、GPUには「MaliG31」を採用し、2GBのRAMと16GBのストレージを搭載。

OSは「Android TV」だから、大画面に最適化したユーザー・インタフェースで快適にコンテンツを楽しめるほか、Android TV向けGoogle Playストアで4000を超えるアプリが自由にダウンロードでき、展開できる。

また、付属するリモコンにはマイクを搭載し、Google アシスタントによる操作もできる点が、スマートで先進的。

外部機器接続は、Bluetooth による音声出入力デバイスや、キーボードなどと接続できるほか、HDMIによる最大4K解像度の映像入力、USB 2.0の外部ストレージ接続、Chromecastによるミラーリングなどが可能。

たとえば、スマホやアクションカメラなどで「いまさっき撮影した動画」を、アウトドアシーンやパーティー会場などで、すぐに大画面で再生し、みんなで鑑賞する―――そんなシーンにも大活躍してくれるはず。

◆Android TVプロジェクター「XGIMI Halo」
https://www.xgimi.com/jp/halo

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事