6月4日は世間一般では「虫の日」。でもアース製薬では『虫ケア用品の日』と呼び、得意とする“キケンな虫”でびっくりネタやサプライズをいろいろ展開。最新テクノロジーを駆使した驚愕コンテンツが注目を集めている。

アース製薬はまず、6月4日『虫ケア用品の日』に、読売新聞と朝日新聞の朝刊、日本経済新聞の夕刊に、前例のない奇妙な新聞広告を全面掲載。

その新聞広告の “閲覧虫意”と記載された二次元バーコードを読み込むと、アプリレスで身近に潜むキケンな3種の虫のリアルなARが体験できる。

また、「キケンな虫の虫ケア図鑑」をアマナ「ネイチャー&サイエンス」編集チームや、昆虫写真家 吉田攻一郎、昆虫漫画家 じゅえき太郎らと制作。

「身近に潜むキケンな虫」の生態を紹介し、特設サイトで公開している↓↓↓
https://www.earth.jp/mushicare/

背筋が凍るほど怖い内容、マニアもびっくり!

「強烈な毒性を持つ虫や、感染症を媒介する虫は、身近なところにも潜んでいます。つまり、虫はケアするべき健康リスク。だからアース製薬は、『殺虫剤』から『虫ケア用品』へと呼び方を変えました」

そんなメッセージからはじまる特設サイトには、身近に潜むキケンな虫たちがいっぱい紹介されていて、背筋が凍るような絵と情報が……。

たとえば、キイロスズメバチ・ヒロヘリアオイラガ・ヒトスジシマカ・ヨコヅナサシガメ・アオバアリガタハネカクシ・アオカミキリモドキ・ヒメツチハンミョウ・トビズムカデ・フタトゲチマダニといった全9種のキケンな虫の紹介をはじめ、マンガ「キケンな虫は悪者なの?」「お出掛け前の虫ケアチェック」「キケンな虫への対処法」などなど。

閲覧注意! キケンな虫のAR広告を体験

そして特設サイトには「閲覧注意!」と記された2次元バーコードが表示され、そこへとアクセスすると……。

なんと、キケンな虫のAR広告を体験できる!

2次元バーコードを読み取ってみてみると、キケンな虫たちが近づいてきたり離れたり、その危険な挙動がARで体験できる! これも、怖い……。

さらに全国の小学校へ出前授業も展開!

アース製薬は、虫ケア用品(殺虫剤)のトップメーカーとして、将来を担う子どもたちの健康や安心な暮らしを守るべく、全国の小学校へ出前授業も展開中。

たとえば「野外の虫対策:屋外活動等におけるキケンな虫とその対策について」では、キケンな虫の生息場所や、「世界一キケンな生き物」である蚊の生態や対策、正しい虫よけ剤の使い方などを、虫標本などを使ってアース製薬社員が解説してくれる。

同社は今後も、虫媒介感染症撲滅への貢献を目的とし、「虫媒介感染症の危険性」「虫ケア用品の安全性」「正しい予防法」などを紹介し、小学校などでの授業に限らず、自治体などとも連携し、さまざまなイベントなどで虫ケアの大切さを啓発していく。

―――殺虫剤から虫ケア用品へ。アース製薬は、虫ケア用品の需要がピークをむかえるこの夏、“虫ケアはヘルスケア”という想いのもと、いろいろなアクションを起こしていくという。

◆アース製薬
https://www.earth.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事