髪の毛わずか5本で、男性型脱毛症(AGA)リスクがわかる時代へ―――。

薄毛が気になる人に、朗報。あすか製薬(東京都港区)は、男性型脱毛症(AGA)の原因といわれるジヒドロテストステロン(DHT)量を測定できる検査キット『毛髪ホルモン量測定キット-ジヒドロテストステロン』を開発。

クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行予約販売を始めた。

自分の毛髪5本をカットして送るだけ

検査の流れは、こうだ↓↓↓

(1)購入後、2021年7月中旬までに本検査キットが手元に届く

(2)キットに含まれる毛髪貼付用の台紙に記載されているQRコードから、メールアドレスを登録。

(3)毛髪を5本(3cmカット)採取し、毛髪貼付用の台紙に貼り付け、固定。長さが足りない場合は10本以上カットする。

(4)毛髪を貼付した台紙を、返送用封筒にて検査機関へ送付。

(5)2~3週間後にメールにてレポートが届き、検査結果を確認。

毛髪中のDHT量、やAGAリスク対策がわかる!


男性型脱毛症(AGA)は、成人男性の頭頂部や生えぎわの髪の毛が薄くなる症状をいう。

男性の薄毛の約80%は、遺伝性であるAGAによるものといわれ、AGAの発症はジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる、男性ホルモンが脱毛因子を生み出すことが原因のひとつともいわれている。

またAGAは進行性の疾患で、放っておくと徐々に髪の毛が減っていく。

最終的にヘアサイクルが終わり、毛根の命が尽きてしまうと対策・治療をしても自毛が生えてこなくなってしまう可能性があり、できる限り早い段階で対策を行うことが重要という。

今回のあすか製薬製 検査キット『毛髪ホルモン量測定キット-ジヒドロテストステロン』では、毛髪中のDHT量、AGAリスクをステージごとの評価、対象者のAGAリスクにあわせた対策がわかる。

―――検査キット『毛髪ホルモン量測定キット-ジヒドロテストステロン』1点+マルチビタミン系のサプリメントの応援購入価格は7,980円から。

詳細が気になる人は、ホームページへ↓↓↓
https://www.makuake.com/project/aska-pharma/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事