開放型(オープン型)でハイブリッドアクティブノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤホン『HUAWEI FreeBuds 4』を、電車やバスでの移動や、カフェやフリーアドレスのオフィスで使ってみると、その精密なノイズキャンセリング機能に驚く。

まず耳にあててみると、違和感を感じないフィット感がいいうえになかなか外れない。世界1万人以上の耳をサンプルデータにシミュレーショし、ミクロン単位でボディを整形したというだけあって、フィット感・密封性はひとクラス上。

秀逸なアクティブノイズキャンセリング

そして電車のなかやカフェ、フリーアドレスのオフィスなどでこの HUAWEI FreeBuds 4 を試すと、すぐにそのアクティブノイズキャンセリングの秀逸さに驚かされる。

HUAWEI FreeBuds 4 は、フィードフォワードマイクと、フィードバックマイクを組み合わせ、逆位相の音をつくり外の音を打ち消すことで、ノイズをキャンセルしてくれる。

だから電車のガタンゴトンといった音や、オフィスでとなりで電話する人の声などが耳に入ってこない。思わず「これが1万8000円前後で手に入るのか」と唸ってしまう。

そして開放型イヤホンの弱点のひとつに、音漏れがあった。アクティブノイズキャンセリングのおかげで、音を無理に大きく上げずに小さな音で没入感あるサウンドを楽しめるから、この音漏れもほとんど心配ないことを実感した。

音質はもちろん、操作性も進化を感じる

HUAWEI FreeBuds 4 の2大特長は、アクティブノイズキャンセリングと高解像度音質。この2つがハイブリッドすることで、これまでにない没入感を生み出しているといってもいい。

LCP振動板を採用する HUAWEI FreeBuds 4 は、高感度14.3mmダイナミックドライバーを搭載。ドライバーは40kHZの周波数に対応し、高周波帯域の音の再現を強化。いっぽう低音側も、低音増強パワーエンジンを搭載し、振動版の振動を高めることで、ダイナミックな重低音を生み出してくれる。

さらに操作性も進化を感じた。イヤホン単体のタッチコントロールは、ダブルタップで電話に応答&終了、音楽再生&一時停止、長押しでノイズキャンセリングのON/OFF切り替えができるうえ、スワイプすると音量が調整できる点もうれしい。

そしてもうひとつ、テレワーク中に「これいい」と思うのが、デュアルデバイス同時接続対応。

HUAWEI FreeBuds 4 は、デュアルデバイス同時接続(マルチポイント)に対応し、2台のデバイスに同時に接続できる。

たとえば、スマートフォンで音楽を聞いているとき、急にPC上でオンライン会議が始まっても、入力をスマートフォンからPCに自動的に切り替えてくれる。だから、それぞれをつなぐ Bluetooth を切り替えるめんどうもない。これに慣れてしまうと、同時接続できないイヤホンが選択肢から消えるのも間違いない。

―――ファーウェイ・ジャパンはこの夏、ノートPC「HUAWEI MateBook X Pro 2021」「HUAWEI MateBook D 15 2021」、タブレット「HUAWEI MatePad 11」、ウェアラブル「HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II」、ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds 4」、ディスプレイ「HUAWEI MateView GT」など、幅広くラインナップ中。こちらもあわせてチェックを↓↓↓
◆HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II
https://consumer.huawei.com/jp/wearables/gentle-monster-eyewear2/

◆HUAWEI MateBook X Pro 2021
https://consumer.huawei.com/jp/laptops/matebook-x-pro-2021/

◆HUAWEI MateBook D 15 2021
https://consumer.huawei.com/jp/laptops/matebook-d-15-2021/

◆HUAWEI MatePad 11
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/matepad-11/

◆HUAWEI FreeBuds 4
https://consumer.huawei.com/jp/audio/freebuds4/

◆HUAWEI MateView GT
https://consumer.huawei.com/jp/monitors/mateview-gt/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事