日本では「矯正は恥ずかしい」というイメージがまだまだあるなか、アメリカでは矯正はファッションの一部で、ステータスのひとつともいわれている。

そんなファッションとしてとらえた矯正治療の世界で、いまトレンドはなにか。

東京・原宿で「kawaii矯正ブランド」を展開する K Braces矯正歯科原宿駅前 では、「よりカラフルで落ち着きのあるkawaii 院内で楽しく矯正治療を」という想いから、フロアを拡張し、さらにカラフルに仕立てたという。

治療室内は、宇宙空間を想わせるブラックの壁面に、歯をイメージしたカラフルなアイコンが灯る。

また、治療台や機材には、現代アートのようにもみえるカラフルなカラーのものが有機的に並んでいる。

最先端3D歯科用CT装置を導入

「オシャレな男性にも人気」という K Braces矯正歯科原宿駅前の小林聡美院長は、「当院独自の3Dデジタル矯正システムで、正確な治療プランを設計する」という。

K Braces矯正歯科原宿駅前では、歯・歯の根っこ・骨の状況を正確にコンピューター上で再現するための最先端3D歯科用CT装置を導入。

歯・歯の根っこ・骨の情報をもとに、治療計画や装置自体を設計。患者それぞれのオーダーメイド治療を実施する。

コンピューターがカスタムワイヤーを自動で設計することから、実際に治療に入る前に骨格のレベルまでを把握でき、歯を移動するシミュレーションができる。

こうしたメリットから、正確な診断、治療計画が実現し、治療期間を短くすることができるという。

小林聡美院長は、kawaii矯正について「患者自身が治療法や矯正装置を選び、自ら矯正治療を楽しむオーダーメイドの矯正治療」と説明。

「治療法や矯正装置、色、形を患者自身の好みで選べるうえ、ビジネスシーンでもプライベートでもどんなシーンにもぴったりあう矯正装置が多数あるから、気軽に相談して」とも伝えていた。

◆K Braces矯正歯科原宿駅前
https://kawaii-kyousei.com/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事