横浜市中区山下町、横浜中華街の路地裏に、最新のカスタムハーレーギャラリーがオープンした。

これ、高品質カーケア用品メーカーのシュアラスターが、カスタムハーレーの老舗「ENDO」と事業提携し、実現させた最新スポットで、ENDOのスタッフが常駐し、ENDOオーナーのメンテナンスやカスタムハーレー販売、イベントなどをここで展開していくという。

カスタムハーレーの老舗 ENDO とタッグ

バイク向けのメンテンナンス用品を取り扱っているシュアラスターは、バイカーに向けてイベントやツーリングなども実施。

その一環として今回、ハーレーの楽しみ方を提案するべく、遠藤自動車サービスと事業提携した。

いっさい妥協のない技術、細やかなアフターメンテナンス

群馬県太田市でカスタムハーレーを販売するENDOは、その美しさやメンテナンスの品質は国内外で認められ、数々の賞を受賞。

「オーナーの要望だけでなく、いっさい妥協のない技術で細やかなアフターメンテナンスも提供している」という。

「YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2021」に出展

また、パシフィコ横浜で12月5日に開催される「YOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW」にENDOブースを出展。

同ブースにシュアラスター製品も展示し、ハーレーのメンテナンスにオススメの商品を展示する。

https://yokohamahotrodcustomshow.com/

シュアラスターは今後、ENDOオーナーむけの走行会やイベントなどのファンサービスも運営。詳細はシュアラスターのオフィシャルサイトやSNSなどで発信するというから、気になる人はチェックしてみて↓↓↓

◆シュアラスターオフィシャルサイト
https://www.surluster.jp/
◆Twitter(バイク専用)
https://twitter.com/surluster_moto
◆Facebook
https://www.facebook.com/surluster/
◆Instagram
https://www.instagram.com/surlusterinsta/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事