Microsoft Excel(エクセル)、Word(ワード)、PowerPoint(パワーポイント)などと高いファイル互換性があり、いまも定番ソフトとして親しまれているのが、「KINGSOFT Office」(キングソフト・オフィス)。

そんなキングソフトが、いよいよ法人向けに進化させた最新サービス2種をリリースした。

ひとつは、法人むけクラウド型オフィス「WPS Cloud Pro」(ダブリュピーエスクラウドプロ)。

もうひとつは、この WPS Cloud Pro を含む、仕事を効率化するビジネスツールをひとつにまとめたクラウドサービス。

月額330円! WPS Cloud Pro の特長

法人むけクラウド型オフィス「WPS Cloud Pro」の特長は、次の6つ。

◆1. クラウドストレージでファイル管理__WPS Cloud Proでは1ユーザーあたり100GBのファイルストレージを用意。個人またはグループのストレージ容量は、管理者が自由に分配でき、組織全体で無駄なく活用できる。

◆2. WPS Office を踏襲するオフィス機能をブラウザで__WPS Cloud Pro にアカウントを作成すると、文書作成・表計算・スライド作成といった WPS Office の機能をWEBブラウザ、モバイルアプリ、PCデスクトップアプリから利用できる。

また、PC で WPS Cloud Pro を利用するさいに使える WPS Office 独自機能、のファイルをひとつのウインドウに表示する「オールインワンモード」も搭載。

◆3. 同時編集機能__大量のデータ入力や、レポートの共同編集など WPS Cloud Pro のアカウントを持っている人同士であれば、ファイルをオンライン上で同時に編集可能でき、誤入力や削除といった情報の変更を防げる。

◆4. 編集履歴管理機能__WPS Cloud Pro 上で編集したファイルは、クラウドストレージに自動保存され、保存したファイルから過去バージョンへの復元も可能。変更履歴は、直近の変更のほか、当日中・過去3日間・過去7日間と期間をさかのぼって確認できる。

◆5. PDF編集機能__WPS Cloud Pro には、PDFファイルの編集機能を搭載。PDFファイルへのファイル変換はもちろん、ファイルの分割やページの入れ替え、文字の直接編集まで、高度な編集に対応している。

◆6. 組織管理コンソール__WPS Cloud Pro には、多様な働き方を管理するための組織管理コンソールを用意。ストレージ容量の分配、柔軟な組織編成、ドキュメント、承認、注文状況の管理、権限の付与や、企業情報の設定などあらゆるビジネスシーンで必要な管理を一括で、安全に実行できる。

WPS Cloud Pro + WowTalk + CAMCARD BUSINESS =Wonder Cloud Works

「Wonder Cloud Works」(ワンダークラウドワークス)は、前出の法人むけクラウド型オフィス「WPS Cloud Pro」、クラウド電話帳「CAMCARD BUSINESS」、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」がひとつになったクラウドサービス。

◆1.WowTalk(ビジネスチャット・社内SNS)__チャット、無料通話、タスク管理から日報、災害発生時などの安否確認まであらゆるコミュニケーションが可能。

◆2.CAMCARD BUSINESS(クラウド電話帳)__各社員の管理する取引先情報(名刺など)をデータベース化することで全社で共有・効率活用できる。

◆3.WPS Cloud Pro(クラウド型オフィス)__クラウドストレージとOfficeファイル編集ツールを備えたクラウド型オフィスで業務効率が向上させる。

導入コスト8割減! Wonder Cloud Works の特長

この3つがひとつになったクラウドサービス Wonder Cloud Works の最大の特長は、「ひとつのIDとパスワードで一元管理」「機能連携で業務効率アップ」だ。

◆ひとつのIDとパスワードで一元管理__Wonder Cloud Works は、ひとつのID・パスワードで、全ツールにログインできる。

また、各ツールの管理についてもひとつの管理画面からアクセスでき、ユーザー情報も同期されていることから、ツールごとに“ユーザー情報のメンテナンス作業”を行う手間が省ける。

◆機能連携で業務効率アップ__ツール間で機能連携できることから、たとえば、「名刺管理アプリ・CAMCARD BUSINESS」と「ビジネスチャット・WowTalk」を連携させることで、CAMCARD BUSINESS に登録した名刺情報を WowTalk にも共有でき、ビジネスチャットを「クラウド電話帳」として活用もできる。

しかも、Wonder Cloud Works 料金プランは、たとえば WowTalk と CAMCARD BUSINESS の組み合わせでひと月 1ID 月額500円。WowTalk と WPS Cloud Pro の組み合わせでひと月 1ID 月額500円。3つ組み合わせても、ひと月 1ID 月額700円。

こうした圧倒的リーズナブル性で、「従来製品を個々に契約した場合と比較して約85%のコストダウンが実現する」という。

Google、Microsoft、Sansan、LINE WORKS などと競合比較でもリード

このキングソフトのクラウドサービス Wonder Cloud Works は、Google Work Space、Microsoft 365、Sansan、LINE WORKS などの競合サービスと比較しても、一歩リードしている点に注目。

大幅にコストダウンできるうえに、機能が充実している点もポイントで、「上記のアプリケーション、サービスを一元管理することで圧倒的なコストパフォーマンスを実現し、時間やコミュニケーションのロスを解消する」と同社はいう。

また同社は今後、「勤怠・電子契約・経費精算など、業務を効率化するアプリケーションについて、順次追加提供を開始予定」というから、今後の展開が気になるところ。

藤岡弘、天翔愛・天翔天音・藤岡舞衣も Wonder Cloud Works に期待

そんなキングソフトは12月9日には、都内で「Wonder Cloud Works」(ワンダークラウドワークス)、法人むけクラウド型オフィス「WPS Cloud Pro」(ダブリュピーエスクラウドプロ)の説明会・発表会を開催。

会場には、 キングソフト 瀬沼悠 代表取締役副社長(ワウテック 代表取締役社長)、ワウテック 大畠茂信 取締役が登壇。

そして「新しい働き方デジタル改革大臣」などに選出された藤岡弘、天翔愛・天翔天音・藤岡舞衣も駆けつけ、Wonder Cloud Works に期待を寄せた。

キングソフト 瀬沼悠 代表取締役副社長は、「法人領域における展開として、『安価で高品質』であることを前提に、複数のサービスを一元管理できる製品展開へ注力したい」と語り、今後の Wonder Cloud Works のアップデート計画についてこう伝えた。

「現在は3製品間での連携開発するなか、今後は勤怠管理・カレンダー・経費精算・人事評価・ワークフローなど、製品連携をすることで、利便性が高まるサービスを中心に、顧客のニーズに合わせてすべてリアルタイムに一元管理ができるサービスを実装していく」

◆キングソフト
https://www.kingsoft.jp

◆ワウテック
https://www.wowtech.co.jp

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事