「おうちで本格的なおいしい生ビールを体感したい!」

そんな声に応えて登場したキリンビール会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」がいま注目を集めている。

このホームタップは、「工場つくりたてのビールのおいしさを届けたい」というキリンの思いから生まれた会員制サービス。

会員の自宅にビールを月2回定期配送し、専用のビールサーバーで生ビールを楽しむスタイル。

定番ビールには「キリン一番搾り生ビール」の最上位ブランド「一番搾り プレミアム」を採用し、酸素の透過を防ぐ独自のコーティングを施したペットボトルに詰めて届けてくれる。

ビールサーバーがもつ保冷機能で、クリーミーな泡付けがかんたんにできるなど、本格的な生ビール体験のために徹底的にこだわったサービス設計が特長で、「おいしさ満足度」はなんと99.1%。

そんな「キリン ホームタップ」に、1月11日から新たなビールブランドが加わる!

それが、ヤッホーブルーイング「よなよなエール」

会員制生ビールサービス「キリン ホームタップ」に新たに加わるビールブランドが、ヤッホーブルーイング「よなよなエール」。

1月11日から受注を開始し、2月3日から送付がスタートする。

このヤッホーブルーイング「よなよなエール」は、「家庭でも飲める手軽な本格エールビール」をコンセプトに長野県で1997年に誕生した、全国向けとして初の本格的缶入りクラフトビール。

「毎晩のように、個性豊かなエールビールを楽しんでほしい」という思いを込めて「よなよなエール」と名付けられた。

柑橘類を思わせる華やかな香りと、ほんのり甘さを感じるコクが特長。

こちらはホームタップの期間限定ビールということで、加熱処理されていることから、生ビールではないけど、ビール好きは要チェック!

気になる人は、「キリン ホームタップ」公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://hometap.kirin.co.jp/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事