西武ライオンズとベルーナは、埼玉西武ライオンズの本拠地・西武ドームの施設命名権(ネーミングライツ)スポンサー契約を締結。

西武ドーム(現メットライフドーム)は、ことし3月1日から「ベルーナドーム」に名称を変更。ベルーナが施設命名権を取得するのは今回が初のケースに。

ベルーナが販売するワインや食品、ホテル宿泊券などのプレゼント企画も

通販事業会社のベルーナは、西武ライオンズと同じ埼玉県に本社を構え、2015年から埼玉西武ライオンズのオフィシャルスポンサー契約を締結。

過去には共同で球場イベントなどを企画したほか、埼玉西武ライオンズがリーグ優勝した2018年と2019年には、優勝祝賀セールを実施するなど、埼玉西武ライオンズを応援してきた。

「埼玉西武ライオンズとライオンズファン、ベルーナのユーザーと、スポーツやエンターテインメントを通じ地域振興をより一層盛り上げていくため、施設命名権スポンサー契約の締結に至りました」という。

本契約締結にあたり、まずは2022シーズンのホーム開幕戦、3月25日 対オリックス・バファローズ戦から、両社が共同で企画したイベントや企画を展開。

ライオンズ勝利時に、来場者に「ライオンズ公式応援グッズ」「ベルーナが販売するワインや食品」「ベルーナグループホテル宿泊券」などを抽選でプレゼントするほか、公式マスコット「べるーにゃ」と西武ライオンズのコラボグッズ制作などを計画している。

「ベルーナドーム元年に華を、ことしこそ優勝を」

埼玉西武ライオンズ 辻󠄀 発彦監督は「わたしが監督を務めてから2022シーズンで6年目となりますが、ベルーナさまにはわたしの就任する前から長きにわたってチームを支援いただいており、非常に心強く思っております」とコメントし、こう続ける。

「ベルーナドームで開幕を迎える日がいまから非常に楽しみです。ライオンズが勝利した日にはファンの皆さまにさまざまなプレゼントが贈られるとのことですので、われわれとしては勝ち続けることで、ベルーナさまやファンの皆さまのご期待にお応えしたいと思っております。ぜひ2022シーズンもベルーナドームで戦う選手たちに熱い声援をお送りください」

また埼玉西武ライオンズ主将 源田壮亮選手は「ベルーナドームに名称が変わるのを聞き、緑を基調とした新しいロゴも見ましたが、ライオンズや自然豊かな僕たちのドームにはぴったりだなと感じました」と。

「同じ埼玉ですし、地元を代表する企業にさらにご支援いただけることは僕たち選手にとっても非常に心強いです。ベルーナドーム元年に華を添えられるよう、2月のキャンプからはさらに練習に励み、ことしこそ優勝をつかみ取りたいと思います」

施設命名権(ネーミングライツ)スポンサー契約期間は2022年3月1日~2027年2月28日の5年間。英語表記は「BELLUNA DOME」、短縮表記は「ベルーナ」。おもな掲出場所は、メインゲート上電飾看板、Lビジョン上電飾看板、選手着用ヘルメット(2015年から継続)、ホームベース後方の人工芝、ドーム正面屋根部分など。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事