「常に滑る」と書いて常滑(とこなめ)。常滑焼などで知られる愛知県常滑市の伊藤辰矢市長は、“すべり芸”で知られるあの芸人に、こう依頼した。

「絶対に滑らないプロモーションをして欲しい」

―――そんな特命を受けて立ち上がったのが、3人組芸人パンサーの尾形貴弘。「滑っても一番ハートが強そうな芸人」として任命された。

相方の向井慧・ 菅良太郎が、尾形係長をフォローしつつ、3人で常滑市プロモーション課に就くという。

滑らず常滑市をプロモーションするという大役を任されたパンサー尾形はまず、吉本興業グループが3月21日に開局する「BSよしもと」の新番組「Cheeky’s a GoGo!」(隔週月曜日、13~17時)内新コーナー「常滑市プロモーション課 特迷!係長尾形」で、3月28日から月2回(隔週月曜日)全24回、出演!

初回ゲストはおいでやす小田、愛知県出身の向井は……!?

「常滑市プロモーション課 特迷!係長尾形」初回(3月28日)のゲストは、おいでやす小田。その番組宣伝動画↑↑↑をみると、常滑の観光地でなにやらドタバタな……!?

また、愛知県出身のパンサー向井は、「常に滑ると書いて常滑(とこなめ)ですから、BSよしもとの番組コーナーで尾形さんが係長に選ばれたときは、『こんなピッタリな人材いないぞ!』と思いました。「常滑市プロモーション課 特迷!係長尾形」では、毎回、特別ゲストを迎え、いっしょに盛り上げますので、ぜひみなさんご覧ください!」とコメント。

常滑市 伊藤市長「Happy Come On TOKONAME」を日本全国に伝えたい」

また、「2月22日、猫の日。招き猫が福を呼ぶこの日に、常滑市と吉本興業で観光を活性化させる『スベらずの街 共同宣言』を結びました」という常滑市 伊藤市長は、こう期待を寄せる。

「常滑には、招き猫など「千年の歴史を誇る常滑焼」を始め、「中部の空の玄関口、中部国際空港セントレア」や、「美しい夕日と飛行機をいっしょに眺められるビーチ」、さらには、家族で楽しめる「遊び場や大型商業施設」など、ハッピーになれるスポットがたくさんあります!」

「常滑市では今後、『訪れるすべての人がさまざまな魅力に触れ、楽しく幸せな気分になり、明日から元気になれる“幸せのチカラ=ハッピー”を持ち帰ってほしい』。その想いを込めて「Happy Come On TOKONAME(ハッピーカモントコナメ)」を合言葉に、たくさんのお客様を招きます」

「吉本さんといっしょになって、日本全国の人たちに、「Happy Come On TOKONAME(ハッピーカモントコナメ)」をアピールします。よろしくお願いします」

―――「地⽅創生」をコンセプトに、ことし3月に開局する「BSよしもと」。この「常滑市プロモーション課 特迷!係長尾形」を皮切りに、各地で活動するクリエイター・映像ディレクター・記者・住民と吉本興業グループが力を合わせ、地域の魅力やその地⽅ならではのニュースなど「地域の活性化や課題解決のヒント」となるプログラムを発信していくという。

◆笑う常滑市
https://waratoko.com/

◆名鉄 常滑線 空港線の電車を新スタンドから観線&観戦!? ボートレースとこなめが刷新! 食べる遊ぶ仕事する、全世代対応アクティビティ空間に
https://tetsudo-ch.com/11920089.html

(C)BSよしもと

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事