リモートワークやテレワーク、モバイルユースというトレンドのなかで国内の経営者たちは……。

「働き方改革でテレワーク導入したいが、人材がいない」

「テレワークは端末(PC)コストに加え、ネットワーク運用コストが高い」

「情報漏洩(紛失・盗難など)が心配だけど、人材がいない」

といった悩みを抱えている。そして、その経営者のもとで働く社員たちは……。

「テレワーク管理ソフトでいつも監視されているようで不安やストレスを感じる」

「自分の業務が評価されているか心配」

「テレワーク(仮想デスクトップ)導入したが、レスポンスが悪く使えない」

といった、また別の悩みを抱えている。

―――こうした経営者・社員の悩みを解決すべく、あのジャスミーが新たなサービスを展開する。

「Jasmy Secure PC」に『エージェントPRO』『マネージャー』登場

ジャスミーは、セキュアPCコンセプトを実現したアプリケーション「Jasmy Secure PC」に、機能を充実させた『エージェントPRO』と、エージェントを管理する『マネージャー』の2種類のアプリケーションを販売。

「Jasmy Secure PC」は、社員のPCにインストールする「エージェントアプリ」と、マネジメント層や業務リーダーなどが管理のために利用する「マネージャーアプリ」の2種類で構成。

今回、あらためて「Jasmy Secure PC」のメリットや、新たに追加された機能の強みをここでチェックしていこう。

(画像はすべて「Jasmy Secure PC」イメージ)

PC内のデータを安全に監視・管理(Jasmy Secure PC)

業務専⽤のセキュアなドライブがPC内に⽣成され、このドライブの状態は常にブロックチェーンで管理、データの不適切な処理や不正なオペレーションなど、すべてのパフォーマンスが記録される。

PC本体の本来の能力を活用(Jasmy Secure PC)

リモートデスクトップや仮想デスクトップ基盤(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)などのシンクライアントがネットワークを通じ、別のリソースを利用するのに対し、ユーザーが使用しているPCそのもののリソースを使用することで、職場での利用に近いパフォーマンスと快適な使用感を実現した。

仕事の進捗状況確認とプライバシーの確保の両立(Jasmy Secure PC)

使っているソフトウェアやドキュメントの利⽤時間も正確に記録されるため、仕事の進捗が見える化される。

また企業は社員の仕事の進捗や利用環境を正確に管理・確認できるいっぽう、社員一人ひとりは不必要な情報まで監視されないよう、閲覧者の表示や閲覧履歴の記録が保存される。

社員の仕事の進捗状況をリアルタイムで管理(マネージャー機能)

社員一人ひとりのスケジュール、仕事の進捗度合いを リアルタイムに確認できるため、業務の振り分けなど、 プロジェクトを柔軟に進⾏できる。

遠隔からPCの機能を個別に管理(マネージャー機能)

ブロックチェーンのP2P機能と独自のデバイス管理技術により、遠隔からそれぞれのPCに業務に不必要な機能を制限、安全に制御することで、就業時間中にだけ業務に合わせた必要な機能のみが使えるようなコントロールできる。

PCハードウエアそのものの状況も安全に確認(マネージャー機能)

ハードウエア個々の負荷や消耗状況などを独自のデバイス管理技術とブロックチェーンを使ったログ管理機能で、リモートワークの環境下、遠隔から安全に確認することができる。

――― Jasmy Secure PC 利用料金は、エージェントPROが月額利用料金 1台 440円。マネージャーが同 2640円。

ジャスミーは、企業規模に関わらずテレワークを実施している企業をターゲットに「Jasmy Secure PC」を提供していく構えで、国内大企業500社、中小企業15万社にこの「Jasmy Secure PC」導入をめざしていくという。

また、ことし7月31日までにJasmy Secure PC購入サイトから申し込んだユーザーは、1年間の利用料金をトライアル価格(半額)で提供しているから、気になる人は公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://www.jasmy.co.jp/jasmy_secure_pc_lp.html

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事