いま、サッカーAFCチャンピオンズリーグやJリーグのほか、プロ野球やF1を観るなら、「店トクDAZN」で英国風PUB HUB・82(キャンペーン参加99店舗)に行ってみんなでワイワイ観戦するのがおすすめ!

HUB・82のうまいビールや料理を囲みながら、みんなで乾杯して、店内にある大型モニターに映し出される試合中継を観ながらの応援は、大声は出せないなどの制約はあるけれど、スタジアムとはまた違った雰囲気で盛り上がれる。

しかも! 飲食代がおトクだというから、使わない手はない!

ってことで、まず「店トクDAZN」とは

「店トクDAZN」は、DAZN会員がHUB・82の対象店舗でアプリを見せると、飲食代が土曜日はなんと10%、その他の曜日は5%オフになるおトクな割引キャンペーン!

DAZNは今回の「店トク DAZN」キャンペーンについて「スポーツを愛する DAZN 会員、これから入会を考えているファンの方たちに、飲食を楽しみながら、スポーツの興奮や魅力を仲間といっしょに楽しんでいただければと考えております」と伝える。

「店トクDAZN」の対象店舗は、スポーツ観戦ができる飲食店の検索&予約が行えるサービス「Fansta」(https://fansta.jp)をチェックするだけ。「Fansta」アプリもあるので、気になった人はダウンロードを!

「スタジアムが遠くてなかなか行けない」「仕事や学校で現地に応援に行けない」「同じチームのファンに出会いたい」「スタジアムよりもおいしいビールと料理を楽しみながら観戦したい」というファン&サポーターが「Fansta」を愛用中。

応援しているチームの試合日にあわせて「Fansta」で検索・予約するから、店舗はみんな同じチーム愛がある人たちで埋まる、最高の空間に! 「店トクDAZN」を利用して、みんなでワイワイ、呑みながら食べながら、応援できちゃうっていう神サービス。

しかも5月31日まで「店トクDAZN」でめっちゃおトク!

5月31日まで展開中の「店トクDAZN」キャンペーンにのっかれば、Fansta に掲載されているいずれの店舗でも、その地域・特色にあわせたDAZNライブビューイングプログラムを展開中。

たとえば、川口や池袋であれば浦和レッズ戦、川崎や新橋であれば川崎フロンターレ戦、新宿や渋谷でFC東京戦と、同じチームで盛り上がるようなプログラムの仕掛けがいろいろ。

グループで応援したいチームの試合がある日にHUB・82 に行って、同じ仲間たちとワイワイ、乾杯しながら応援できるうえに、5月31日までの「店トクDAZN」キャンペーンでおトクに飲食もできるとなったら、これは使わない手はない!

※HUB・82では、コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、入店の際の検温や手指の消毒など、様々な対策を実施中。

◆Fansta「店トクDAZN」
https://fansta.jp/campaign/dazn-member-benefits-202204

「店トク DAZN」キャンペーンの利用方法もかんたん

DAZN 会員は、1)スマートフォンにインストールしている DAZN App を開く。(2)次にログインしている状況を店員さんに確認してもらう。(3)会計時に 5~10%オフの金額で支払い。それだけ。

割引は曜日によって異なり、土曜日が10%オフ、その他の曜日が5%オフだから、土曜日に応援したいゲームと店舗を検索するというのも、あり!

また、1度の会計の値引き上限額は5,000円で、他の割引特典との併用はできないから、注意してね。

スタジアム観戦とは違う「新しい観戦スタイル」を発見!

実際に「店トク DAZN」を使って 蔚山現代 VS 川崎フロンターレ戦をHUBで4人で観戦してみると、好きな料理やビールを好きなタイミングでオーダーしながら、テーブルで向き合って観戦できる「新しい観戦スタイル」を実感!

スタジアムと違って、向き合って飲食しながら観戦すると、好きなチームの話から、プロ野球やオリンピックなどの話で盛り上がってしまう。この「いい意味での脱線」は、スタジアムとは違う楽しみ。

また、一人で店内に入っても、みんなが同じチームを応援する空間だからか、ゴールやホームランを決めると、隣り合う人ともよろこびを分かち合える! コロナ禍の自粛で、忘れていたスタジアムの感覚も、HUBで再現できる。

いっぽうHUB・82には、電源コンセントがある“ひとり席”もあるから、ビールを脇において“ながら仕事”をしながら観戦という、ハイブリッド時間も楽しめる。これもいい!

お店も注目! スポーツの力を利用した集客サービス「Fansta」

たとえば今回の英国風PUB HUB・82(キャンペーン参加99店舗)では、各店舗が独自に考察し、「どのDAZNライブ試合中継をセレクトすればより集客につながるか」といった個性化・オリジナル性も図れるという。

DAZN では、「スポーツのライブ配信ならびにオリジナルのコンテンツ配信を中心に、スポーツの魅力をお届けしているだけでなく、さまざまな企業と協力しながら、配信以外の分野でもスポーツ業界を盛り上げる施策を提供していきます」というから、気になる人は公式サイトをチェックしてみて↓↓↓

◆DAZN
https://www.dazn.com/ja-JP/home


(今回、実際に「店トクDAZN」を使って体験してみたHUB新橋銀座口店)

(今回、実際に「店トクDAZN」を使って体験してみたHUB新橋銀座口店)

(今回、実際に「店トクDAZN」を使って体験してみたHUB新橋銀座口店)

(英国風パブ HUB・ 82 には、こうしたコンセント類も充実)

(英国風パブ HUB・ 82 には、ひとり席もあるから“ながら仕事”もOK!)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事