2020年3月、JR東日本「高輪ゲートウェイ駅」が暫定開業した。最先端の技術やサービスの実験場としても位置づけられる同駅では、同月23日、無人決済店舗「TOUCH TO GO」がオープンしている。

選んだ商品をそのまま無人のレジに持っていけば、すぐに合計金額が表示される。カメラやセンサーが利用客の購入商品をチェックしているのだ。利用者は交通系ICカードやクレジットカードで支払いを済ませ、店を出る。店舗によっては現金決済を導入しているところもある。

2022年5月6日、「TOUCH TO GO」(企業名、以下TTG)は無人決済店舗の全国展開を開始すると発表。昨年5月に業務提携した東芝テックによる販売・導入・保守のサポート体制が全国への道を開いた。

導入作業の標準化も実施し、TTG-SENSE MICROなら最短3日で設置も可能に。認識率も90~95%を実現しており、今後さらなる精度の向上に取り組むとする。さらに、5月中にはQRコード決済、今夏には冷凍ケースへの対応も予定しているという。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事