労働保険の申請なら、そろそろ「紙」より「電子」でしょ?

電子申請ならば、手書き記入不要!

かんたんスピーディー、訪問提出不要。

いつでもどこでも手続き可能に!

無駄な時間・無駄なコストをまとめてカット。

作業効率・生産性がぐんぐんアップ!

労働保険は、電子申請。

GビズIDで、より便利に!

そう伝えるのは、厚生労働省 と 鉄腕アトム!

これ、厚生労働省が労働保険の電子申請を普及・促進させるべく、手塚治虫 代表作「鉄腕アトム」とコラボしたweb動画「総務の仕事に、鉄腕あらわる。篇」。

電子申請を推しすすめる背景には、令和3年6月18日に閣議決定した「規制改革実施計画」がある。

日本政府は、行政手続におけるオンライン利用の促進を、重要な課題と位置づけ、オンライン利用率を大胆に引き上げる取り組みを順次展開中。

労働保険は、「労働者災害補償保険」と「雇用保険」をあわせた総称で、労働者の保護及び雇用の安定を図ることを目的とした、国が運営する社会保険制度のひとつ。

令和2年度の年度更新申告における電子申請率は15%台に留まっているほか、労働保険の電子申請に関する認知度も38.3%と低く、いまだに電子申請が浸透しているとはいえない状況にある。

そこで、労働保険はかんたん便利な電子申請! 3つのメリットがこれ↓↓↓

そして労働保険を電子申請することで生まれるメリットが、これ↓↓↓

◆(1)いつでもどこでも手続可能!

電子申請なら、労働局や労働基準監督署などの窓口に出向く必要なし。

窓口での待ち時間がなく、自宅やオフィスにいながら申請や届出ができる。

窓口の開設時間にとらわれず、24 時間 365 日、いつでも手続が可能。

◆(2)カンタン・スピーディーに申請!

大量の申請書類への記入も、電子申請ならデータでスピーディーに処理できる。

毎年提出する年度更新申告であれば、前年度の申請情報を取り込めるので、入力は変更と修正のみ。

入力チェック機能や計算機能により、記入漏れや記入ミスも防げる。

◆(3)ムダな時間やコストも削減!

申請・届出用紙を入手する必要がなくなり、申請内容によっては複数の手続をまとめて申請できる。

また、書類申請のために必要だった移動費・手数料・人件費などのコストも削減できる。

労働保険の電子申請は、政府運営 行政情報ポータルサイト「e-Gov」から!

労働保険の電子申請は、政府運営 行政情報ポータルサイト「e-Gov」から手続きする。

この「e-Gov」は、政電子申請の窓口でもあり、このサイトの「電子申請システム」から、24時間365日、いつでも・どこでも電子申請が行える。

労働保険の電子申請は、ひとつのID・パスワードでさまざまな行政サービスにログインできる共通認証システム「GビズID」のアカウントを取得することで、さらに便利に利用できる。

GビズID 取得のメリットは、電子証明書の取得が不要になる点。

労働保険関係手続は、無料で取得できるGビズIDを利用して手続できる。

その場合、電子証明書の取得が不要になるため、電子証明書の取得費用がかからないというメリットがある。

―――厚生労働省では、5月1~31日までの1か月間を「労働保険関係手続における電子申請の利用促進に係る強化月間」と定め、同月間と、6月1日~7月11日の「労働保険の年度更新期間」で、全国で集中的な電子申請利用促進活動を行っていく予定。

いまこそ、紙から電子へ。労働保険は電子申請へ!

◆厚生労働省×鉄腕アトム「労働保険の電子申請」
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/denshi-shinsei/tokusetusaito.html

◆e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/

◆GビズID
https://gbiz-id.go.jp/top/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事