こ、こ、こんなに濃厚で食べごたえのある豆腐があったのか!

思わずそう叫んでしまうほど、衝撃技術でデビューした最新豆腐がいま注目を集めている。

その名も「かためのおいしい豆腐」。内容量300gで、ネットショップでは150円前後で販売中。
https://www.satonoyuki.co.jp/lineup/2633/

手がけたのは、1973年の創立以来、大豆・にがり・水 に徹底的にこだわって豆腐づくりを続けている、さとの雪食品。

徳島県鳴門市に本社をおく さとの雪食品 は、四国化工機グループのひとつで、この「かためのおいしい豆腐」には、四国化工機グループの機械事業・包装資材事業・食品事業が長年培った技術がここに注ぎ込まれている。その最大の特長が↓↓↓

おいしさそのままに常温で120日間保存できる!

なんと、この「かためのおいしい豆腐」、おいしさそのままに常温で120日間保存できる!

酸素と光をブロックする特殊紙包材による容器に、無菌空間で豆乳とにがりを密封する無菌充てん技術で製造された「かためのおいしい豆腐」は、パッケージを開けると、その名のとおり、どぅるん!と硬めの豆腐が出てくる。

水分の出にくさを兼ね備えた「料理に使いやすい」紙パックとうふってことで、煮る・焼く・炒めるなど、なんでもイケる。

さらに、日常の時短メニューとしても使えるし、災害時に備えた備蓄食としてもイチ推し。その3つの特長が、これ↓↓↓

崩れにくい! 煮ても焼いても炒めてもきれいに仕上がる!

さとの雪食品「かためのおいしい豆腐」は、しっかりかためで崩れにくく、煮物メニューや炒め物メニューでもきれいに仕上がる豆腐づくりをめざして開発。

同社の充てん豆腐従来品と比較しても、なんと2倍の硬さに。画像は「かためのおいしい豆腐」ステーキ。

水切り不要! 時短も旨さも叶える

「水切りが面倒」という声に応え、さとの雪食品「かためのおいしい豆腐」は、水切り不要でそのまま使えるように開発。

水切りから解放されるだけでなく、豆腐の水分が少ないため、料理の味が薄くならず、さらにおいしく仕上がるというメリットも。

画像は「かためのおいしい豆腐」塩とうふ。まるで濃厚チーズのような旨さ。

実はトップアスリートやトレーニングコーチも注目

この さとの雪食品「かためのおいしい豆腐」、なめらかな食感なのに木綿豆腐並のたんぱく質量が豊富ということで、海外を転戦するトップアスリートもスーツケースにいっしょに持っていくとか!

常温保存できるってことで、機内客室に持ち込んで運ぶアスリートやトレーニングコーチも多いという。

また、充てん豆腐特有のなめらかな食感の豆腐でありながら、たんぱく質の量は木綿豆腐に匹敵するというのもすごい。

アレンジレシピいろいろ! 公式サイトに公開中

この さとの雪食品「かためのおいしい豆腐」を使ったアレンジレシピが、公式サイトにいろいろ公開中。

気になる人は、サイトをチェックしてトライしてみて↓↓↓
https://www.satonoyuki.co.jp/lineup/2633/

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事