スチャダラパー、chelmico 、bonobos 、くるり、クラムボン、kiki vivi lily の次は、KANA-BOON 、Yogee New Waves 、IKE & rice water Groove Production だ!

――― 11月5・6日、静岡県御殿場市 遊RUNパーク玉穂 で開催する、リアル音楽&クラフトの野外フェス「Creema YAMABIKO FES 2022」に第二弾アーティストが発表されたぞ!

冒頭のとおり、その野外音楽ステージに出演するアーティスト第一弾発表では、スチャダラパー、chelmico 、bonobos 、くるり、クラムボン、kiki vivi lily の6組が発表された。

そして今回、第二弾発表で出演することが明らかになったのは、KANA-BOON 、Yogee New Waves 、IKE & rice water Groove Production の3組!

さらに10月上旬には、第三弾発表として3組のアーティストが公表されるというから、今後も公式サイトをチェック↓↓↓
https://www.yamabikofes.jp/live

KANA-BOON

谷口鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗(Gt.)、遠藤昌巳(Ba.)、小泉貴裕(Dr.)からなる大阪・堺出身のロックバンド。

2012年4月、キューン20イヤーズオーディションにて4,000組の応募者の中から見事優勝し、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題に。

2013年4月、初の全国流通盤「僕がCDを出したら」をリリース。全国各地のフェスへ出演し、入場規制、満員御礼を記録。ライブシーンの台風の目となる。同年9月、シングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。

一度聴いたら耳から離れない中毒性の高い楽曲と、共感を呼ぶ深いリリックの中に遊び心が散りばめられた歌詞センスで、多くの観客を魅了する。

Yogee New Waves

2013年に活動開始。2014年4月にデビューe.p.『CLIMAX NIGHT e.p.』をリリースし7月の『FUJI ROCK FESTIVAL』《Rookie A GoGo》に出演。

9月には1st Album『PARAISO』をリリースし、年間ベストディスクとして各メディアで多く取り上げられる。

これまでに国内の多くのフェス、上海、北京や台北、ソウル、バンコク、香港などアジア各地でのツアーの成功など、海外での活動も広がるなか、2019年3月に「BLUEHARLEM」をリリースし、国内14公演と中国7都市を含むアジア全10都市におよぶ「TOUR BLUEHARLEM 2019」を開催。

2021年、4年ぶりとなるFUJI ROCK FESTIVAL’21や、各地野外フェスへ出演。

そして約2年半ぶりとなるニューアルバム「WINDORGAN」を10月13日にリリースし、全14都市を巡る全国ツアー“WINDORGAN TOUR” を開催。

2022年3月、初となる日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブを成功で終える。

IKE & rice water Groove Production

IKE&rice water Groove Productionとは、「クラシックヒップホップの再解釈」をメインテーマに掲げる、3MCヒップホップクルー rice water Grooveと、LowCulTokyoのビートメイカー兼ラッパーのIKEが、時代を挟み撃ちする形で現行シーンに風穴を開けるべく2018年に設立した連合。

自身が主宰するレーベル Doggy G Central RecordsG Central Recordsがビート、ミックス、マスタリングすべてを手がける。

クラフト市/ワークショップのクリエイターを一挙公開!

日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」(クリーマ)が開催する野外フェス「Creema YAMABIKO FES 2022」(11月5・6日、静岡県御殿場市 遊RUNパーク玉穂)では、アクセサリーやバッグ、靴などのファッションアイテムから、器やインテリア、生活道具をはじめとするライフスタイルアイテム、当日楽しめるフェスグッズまで、こだわりとオリジナリティあふれるクリエイター作品が並ぶクラフト市。

今回も全国から約120組の個性豊かなクリエイターが集結。

また、植物を使ったボタニカルアートやお好みの柄のトートバッグ作りなど、実際にものづくり体験をできるワークショップも登場↓↓↓
https://www.yamabikofes.jp/market/list2022

富士山を眺めながら唯一無二のサウナ体験を

全国各地でサウナイベントを展開するSUNDAY FUNDAYによる “サウナ村”にはバラエティ豊かなサウナが登場。

フィンランドの気候を再現したマイナス30度のサウナフリーザーや、サウナでのヨガのワークショップなど、富士山を眺めながら唯一無二のサウナ体験がここでできる。

マーケットには、その場で名入れ可能なポンチョやサウナハット、ロウリュ用のアロマなど“サ活”を充実させるグッズが勢揃い。

また、本格的なスパイスカレーやクラフトコーラ、素材にこだわったふわふわドーナツなどの絶品の“サ飯”など…全国各地からサウナカルチャーをけん引する注目のショップ20店以上が集合。

サウナ好きはもちろん、初心者の方も、サウナカルチャーを丸ごと体感できるサウナ尽しのエリアも要チェック↓↓↓
http://www.yamabikofes.jp/contents/sauna

ここでしか味わえないトップクオリティのコーヒーの飲み比べも

また、日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema」(クリーマ)が開催する野外フェス「Creema YAMABIKO FES 2022」(11月5・6日、静岡県御殿場市 遊RUNパーク玉穂)では、東京・蔵前の人気コーヒーロースター「LEAVES COFFEE ROASTERS」によるロースターコーヒー飲み比べセットに加え、話題の2店舗が参戦!

豆選びから焙煎・抽出まで自分で行う体験型店舗が注目を集める「OGAWA COFFEE LABORATORY」と、福岡で生まれ、東京や台湾に進出を決めたスペシャルティコーヒー専門店「REC COFFEE」の出店が決定。

ここでしか味わえないトップクオリティのコーヒーの飲み比べを楽しんでみて↓↓↓
http://www.yamabikofes.jp/contents/coffee

誰でもいっしょに楽しめるアウトドアスポーツエリアが誕生

いま注目を集めている北欧のスポーツ 「モルック」と、近年若い世代にも人気のアレンジされた「カジュアルゲートボール」を体験できる、アウトドアスポーツエリアが Creema YAMABIKO FES 2022 に初登場!

広大な芝生広場で 初めて出会った人とも、思いがけず会話が生まれるかも♪ 子どもから大人まで、みんなで楽しんでみて↓↓↓
http://www.yamabikofes.jp/contents/sports

最先端のキャンプギアを体験できるアウトドアマーケット

ソロキャンパーからファミリーキャンプまで、あらゆるアウトドア好きにぴったりなキャンプギアが勢揃いするアウトドアマーケットが今年も登場。

人気のテーブルウェアやキッチンツールはもちろん、お気に入りのアイテムにイニシャルを刻印できる、カスタムオーダーのコーナーやハンモック専門店によるハンモック体験など、20店以上のアウトドアショップが並ぶ↓↓↓
http://www.yamabikofes.jp/contents/OUTDOORMARKET

親子で自然と音楽を楽しめるキッズエリアも楽しい

Creema YAMABIKO FES 2022 会場には、子育て支援団体「SMILEKIDS GROUP」の専門知識を持つスタッフによるキッズエリアが併設されているから、子どもたちといっしょに参加できるのもうれしい。

また、子ども向けのワークショップなど、自然と音楽を全身で楽しめるコンテンツもいろいろ。

「子どもがいるからこそフェスへ行こう」をコンセプトに、子どもやその保護者との関わりを大切に、安心安全な空間をつくっているというから、ファミリーはこちらもチェック↓↓↓
http://www.yamabikofes.jp/contents/kids

300枚限定「オフィシャルグッズ付き前売券」も販売!

さらに、「オフィシャルグッズ付き早割・特別前売券」が好評だったってことで、今回は300枚限定で「オフィシャルグッズ付き前売券」も販売!

Creema YAMABIKO FES 初のオフィシャルグッズは数量限定での現地販売となるため、セット購入するとだんぜんお得に確実に入手できるから、チケットサイトをチェック↓↓↓
https://www.yamabikofes.jp/ticket

◆通常前売券:1日券7,000円/2日通し券1万3,000円

◆300枚限定 オフィシャルグッズ(タオル&ステッカー)付き特別前売券:1日券9,500円/2日通し券1万5,000円

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事