水上を爆音と高速で滑走するボートレース。

ひとつのステージでいかに重いバーベルを頭上まで挙げるかをひたすら競うウエイトリフティング。

まったく異なるアスリートフィールドに、共通するフィジカルやメンタルとは―――。

ウエイトリフティング元日本代表としてオリンピック5大会連続出場を果たし、ロンドン大会で銀、リオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得した三宅宏実が、ボートレース公式YouTubeチャンネル スペシャル対談番組『Dream Runner』に登場!

艇王と呼ばれたもとボートレーサー植木通彦と、三宅宏実の対談シーンが、前編と後編で公開されている。

この対談動画では、三宅宏実が5回の五輪出場を果たしたなかで、一番思い出に残った大会について話し、実際にオリンピックを体験した人でしかわからない舞台裏を明かしている。

また、常に明るくふるまう三宅宏実が実践しているプラス思考についても語り、ビジネスやプライベートでも役立つメソッドがいろいろ。

さらにウエイトリフティングとボートレースの意外な共通点など、今回も盛りだくさんな「Dream Runner」の熱い対談をチェックしてみて↓↓↓

【三宅宏実】現役最後の瞬間!!5度目のオリンピック舞台裏【前編】

見どころはこちら↓↓↓

00:00 オープニング
00:29 ウエイトリフティング元日本代表 三宅宏実登場
01:15 最強のウエイトリフティング一族に生まれて
01:59 ウエイトリフティングは絶対にやりたくなかった競技No1だった
04:09 全ての筋肉がまんべんなく鍛えられる競技!!
05:10 呼吸が止まる瞬間!ボートレースとの共通点
07:56 5大会で一番思い出深いオリンピックは?
09:55 ロンドン五輪でのメダリスト誕生秘話
10:49 みんなでつかんだ東京2020オリンピック出場
11:42 現役最後の瞬間・・色々な感情が渦巻いた舞台裏
13:09 植木通彦アンバサダー「ウエイトリフティングを体験したい!」
16:34 ゾーンに入った三宅宏実は合計で207kgを持ち上げる!!

【三宅宏実】身長146cmでオリンピック5大会出場の驚愕!!【後編】

見どころはこちら↓↓↓

00:00 オープニング
00:31 三宅宏実が感じたボートレースのイメージ
02:29 三宅宏実 プラス思考の秘密
04:01 ゾーンに入った瞬間!気持ち良く207kgを記録!?
05:37 ボートレーサーが体感するゾーンとは?
07:01 アスリートの直感とルーティーン!植木通彦の場合
08:45 現役引退後はコーチとして活動中
10:35 まだ始まったばかり、指導者・三宅宏実の苦悩
12:58 三宅宏実 これからの夢とは?
14:06 メダリスト三宅宏実が初めてのボート
15:24 三宅宏実×モンキーターン 頭がパニック!?
17:48 対談を終えて

三宅宏実と植木通彦のプロフィール

◆ゲスト:三宅宏実(ウエイトリフティングもと日本代表・指導者)
女子48kg級および53kg級の日本記録保持者。
2012年ロンドンオリンピック48kg級銀メダリスト、2016年リオデジャネイロオリンピック48kg級銅メダリスト、東京2020オリンピックで夏季オリンピック日本女子最多に並ぶ5大会連続出場を果たした。
2021年36歳の誕生日に引退会見。21年間の競技人生を終えた。

◆MC:植木通彦(ボートレースアンバサダー)
現役時代は不死鳥・艇王と呼ばれた伝説のボートレーサー。
3度のグランプリ制覇・SG10冠・公営競技初の2億円達成・生涯獲得賞金22億円など、
記録にも記憶にも残るレーサーとしていまもファンから愛されている。

ボートレースWeb映像サービス「BOATCAST」無料配信中!

新たなボートレースWeb映像サービス「BOATCAST」、もうチェックした?

会員登録やログインも不要で無料配信! ボートレースに関連するニュースや番組、動画をまるっとぜんぶ視聴できるから、こちらもチェックしてみて!

◆BOATCAST
https://boatcast.jp/

◆Let’s BOATRACE
https://lets-boatrace.jp/

◆ボートレース公式サイト
https://www.boatrace.jp/

おすすめ記事
ソリマチグループ 会計バンクがインボイス対応 請求書 領収書 発行アプリ「スマホインボイスFinFin」に込めた想いを新聞広告で発信「フリーランス、なのに不自由? 肩書ではなく、人を信じる社会になろう」
ビジネス
ソリマチグループ 会計バンクがインボイス対応 請求書 領収書 発行アプリ「スマホインボイスFinFin」に込めた想いを新聞広告で発信「フリーランス、なのに不自由? 肩書ではなく、人を信じる社会になろう」
「フリーランス、なのに不自由? 肩書ではなく、人を信じる社会になろう」 そうメッセージを発信するのは、ソリマチグループから生まれたフィンテッ...