東京・渋谷 SHIBUYA109 に、12月19~23日の5日間限定で、いつものクリスマスツリーとは違う、映える「葉っぱのクリスマスツリー」が出現してるぞ!

これ、「トヨタのサステナビリティ実験」第3弾の「#癒しマスツリー」「#クリスマッスルツリー」で、癒し・活力アップ効果が期待できる葉っぱでつくったクリスマスツリーなんだとか。

しかも日時・組数限定で、「Creator’s Campus」所属クリエイターによる撮影イベントも実施予定というから、気になる人は公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://toyota.jp/info/sdgs/

トヨタのウエルビーイング空間研究を体現

「私たちの持続可能な生活には、健全な環境はもちろん、健全な心身も必要です」というトヨタ自動車は、心地よい車内や、まちづくりに寄与すべく、Well-being な空間研究に取り組んでいる。

この取り組みのなかで、自然によって人が心身ともに良好な状態になる可能性のある空間を、「Genki空間」と名づけて研究中。

その研究結果から、「小さくて丸い葉」は「癒される」と感じる可能性があり、「大きくて広い葉」は「活力がアップする」と感じる可能性があることがわかった。

今回、SHIBUYA109 に出現した「#癒しマスツリー」「#クリスマッスルツリー」は、この研究結果を体現したツリーというわけ。

自然を「切り取った」ような空間を体感!

トヨタが同研究を始めたきっかけは、自然が持つと考えられている、人の Well-being(ウエルビーイング:身体的・精神的・社会的に良好な状態)につながる効果を科学的に研究できないかという発想から。

トヨタの未来創生センター(ロボティクス、革新インフラ技術、基盤研究)と、豊田中央研究所(省資源、省エネルギー、環境保全、安全性向上などの基礎研究)で研究を続けている。

現在、パソナ・パナソニック・ビジネスサービスと共同で実験室のなかに自然を「切り取った」ような空間をつくり、空間の視覚効果や、空気に含まれる微生物や化学物質シグナルが人に与える影響を研究している。

◆トヨタのサステナビリティ実験
https://toyota.jp/info/sdgs/plant/?padid=from_release_qr_plant

おすすめ記事
10万円を切る Dangbei Neo オールインワンミニプロジェクターで競合モデルにない優位性を実感! かんたん接続&操作、コンパクトでどんなシーンでも大画面迫力映像をすぐにみんなで体感できる注目モデル
エンタメ
10万円を切る Dangbei Neo オールインワンミニプロジェクターで競合モデルにない優位性を実感! かんたん接続&操作、コンパクトでどんなシーンでも大画面迫力映像をすぐにみんなで体感できる注目モデル
「一人暮らしを始め、プロジェクターが欲しくなったので購入。部屋を暗くするだけで、映画館気分を味わえるので、とても便利です。また、音も思ったよ...