いよいよこの冬も、東京ビッグサイトで1月21・22日に開催されるハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)。このフェスに出展するクリエイターやワークショップ、特別企画など、注目のコンテンツを各エリアごとにチェックしていこう↓↓↓

全国3000名のお店が並ぶクリエイターエリア

ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)クリエイターエリア(https://hmj-fes.jp/ichiran)では、全国3000名のクリエイターによる個性あふれるお店が立ち並び、ファッション・インテリア・アート・手工芸品などのオリジナル作品を販売する「マーケット」、伝統工芸士や人気クリエイターによる作品づくりを体験できる「ワークショップ」、クリエイターが目の前で描き上げる「ライブペインティング」の3つのコンテンツで構成。そのなかでも注目のクリエイターとアイテムを紹介しよう↓↓↓

アクセサリー作家 atelier mine-ro

まるでシャボン玉のようなイヤリング。虹色のガラスで形作られていて、大ぶりでも軽い着け心地で人気。

陶芸作家 秋山昌史

温かみと深みのある質感が特徴の器やコップ、ブローチ。中でも人気なのは陶器製のタイヤキが付いたシリーズ。

靴作家 bluebee

革色やステッチを選べるパターンオーダーシューズ。1足ずつ計測して手作りで作る靴なので、足に心地よくフィットする。

鞄作家 THREE PACKS

国産帆布や上質なレザーなど、こだわりの素材で作られた上品なバッグ。サイズや色を選ぶカスタムオーダーや、オーダーメイドができる。

過去最多、伝統工芸コーナーに東京・京都・アイヌ工芸が登場

ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)では、毎回人気の伝統工芸コーナーがさらに拡充。

京都・熊本をはじめ、新たに東京・福島・高知・アイヌが加わり、過去最多 6地域・40事業者の伝統工芸が集結。

認定工芸士が生み出す工芸品や実演はもちろん、Creema クリエイターとのコラボによる商品開発プロジェクトによって生まれた作品が登場するほか、染色体験などのワークショップも楽しめるから、こちらも要チェック↓↓↓

東京ブランド「Tokyo Tokyo」特設ブース初登場!

初登場の「Tokyo Tokyo」は、江戸時代から続く伝統と最先端の文化が共存する東京の魅力を国内外にPRするアイコン。

東京の都市としての魅力を強く印象づける「東京ブランド」の確立に向けた東京都の取組の中で誕生。「Old meets New~ものづくりの歴史と今が出会う場所~」をキャッチフレーズに、今回はその特設ブースが登場し、来場者に歴史ある東京のものづくりの魅力を紹介。

江戸切子や東京銀器、海外でも人気の高い江戸木目込の招き猫や江戸押絵、江戸指物などが展示・販売されるほか、型染めや東京押絵、江戸切子のガラス端材を使った万華鏡作りなどのワークショップも開催する。

アイヌ工芸が初登場! 京都の伝統工芸も人気

自然への敬意と感謝の意味が込められているという、独創的なアイヌ模様があしらわれたアイヌ工芸も初登場。

現代の暮らしに溶け込むアイテムが登場します。当日はアイヌ工芸家による制作実演を予定。

また、京都の伝統工芸も人気。錦織や京焼・清水焼、泥七宝など、人気の京都の伝統工芸が今回も登場。

晋六窯の伝統工芸士が作るペリカンのような急須は、使いやすいと人気。

大人から子どもまで楽しめる40種のワークショップも

ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)では、染色やレザークラフト体験、ボタニカルアート、リース・テラリウム作りやパンチニードルなど、子どもから大人まで楽しめる本格ワークショップが40種類も開催。

たとえば「革でつくるスマホショルダー/SKLO」は、革の色を選んで縫って作るスマートフォンショルダー。長さを調節し、自分にぴったりのアイテムがつくれる。

また、「フラワーボトルづくり/QUEUE DE RANUN」は、準備されたドライフラワーの中から、好きな花を選びフラワーボトルを制作。ギフトにしてもよろこばれるから、気になる人は参加してみて。

そして、「ベビー・キッズ」「ペットグッズ」カテゴリーも初登場↓↓↓

キッズ用バッグ/aka to ao(1/21のみ)

ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)では、以前から人気でリクエストの多かった「ベビー・キッズ」「ペットグッズ」を、カテゴリーとして新設。

肌にやさしい素材で作られたベビーアイテムやキッズ服、入園・入学グッズ、おもちゃ、動物モチーフの作品のほかにも、親子やペットでリンクコーデが楽しめるアイテムなど、オリジナリティあふれる作品もいろいろ展示される。

たとえば、キッズ用バッグ/aka to ao(1/21のみ)は、シンプルで素材の良さを生かしたデザインのキッズアイテム。1点ずつていねいに仕立てられているのがポイント。

ペット服/たまにはどこかへ

また、ペット服/たまにはどこかへ は、思わず振り返ってしまうような、個性的なペット服が人気。ペット服や帽子など、ワンちゃんとリンクコーデができるアイテムが登場。

ミュージック&カフェエリアは、注目アクト全6組が出演

注目のアーティストによるアコースティックライブや食事を楽しめるミュージック&カフェエリアでは、ハンドメイドインジャパンフェスの理念に賛同しいっしょに会場を盛り上げるアーティストとして、青木慶則(ex.HARCO)、王舟、Grapchar、柴田聡子、浜田一平、MIZ(50音順)の全6組が出演!

タイムテーブル(https://hmj-fes.jp/timetable-music)も公開されているから、気になる人はチェックしてみて。

日本各地の選りすぐり焼き菓子やパンも! フードエリア

ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)のフードエリアにも注目。

ここでは、素材にも作り方にもこだわった、日本各地の選りすぐりの焼き菓子やパンなどの手作りフードに加え、厳選されたコーヒー豆や調味料まで勢揃い。

たとえば京都グラノーラ工房では、小麦粉や白砂糖を使わず、無農薬や有機の原材料などの素材にこだわった、栄養価の高いグラノーラを。

菓子工房 osanji time.では、レモンをたっぷり使ったジューシーなレモンケーキや発酵バターのサブレ、クッキー缶などを。小さな菓子工房が作る焼き菓子は、どれも人気だから、これも体感してみたい。

―――ということで、こうした注目アイテムが勢ぞろいする HandMade In Japan Fes’ 冬(2023)(ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023))は、東京ビッグサイト西 1・2 ホールで 1月21・22日 11:00~18:00 に開催。

チケット情報などは、公式サイトをチェックして、行ってみて↓↓↓
https://hmj-fes.jp/tickets

おすすめ記事
第一三共ヘルスケア「みんなの生理痛プロジェクト」が高校教諭むけセミナーを開催、12月に「生理痛について学び考える授業」を高1男女に展開_ロキソニンSプレミアムファインなど市販鎮痛薬の選択肢も
ビジネス
第一三共ヘルスケア「みんなの生理痛プロジェクト」が高校教諭むけセミナーを開催、12月に「生理痛について学び考える授業」を高1男女に展開_ロキソニンSプレミアムファインなど市販鎮痛薬の選択肢も
生理痛の対処法のひとつである鎮痛薬が服用できる年齢になる高校1年生のタイミングで、当事者もそうでない人も、生理痛と向き合うはじめの一歩を踏み...