これで28万円は、安いと思う人も間違いなくいる―――。

グローバルプロジェクターメーカー JMGO(ジェイエムゴー)の最新4Kレーザープロジェクターハイエンドモデル「N1 Ultra」の実機と描写力を体感して、そう思った。

―――「N1 Ultra」国内販売を担う日本ビジネス開発が4月6日に都内で開いた体験会には、JMGO ウィル・ワン(Will Wang)CPO、日本ビジネス開発 矢野雅也 代表取締役社長、日亜化学工業 第二部門 LD 事業本部 濵敦智部長代理、大橋伸太郎 VGP 審査委員長(もと AV REVIEW 編集長)が登壇。「N1 Ultra」のアドバンテージを説明した。

映画館級! 3色レーザー搭載ジンバル一体型4Kプロジェクターの誕生

JMGO 最新4Kレーザープロジェクターハイエンドモデル「N1 Ultra」(エヌワン ウルトラ)は、Android TV を搭載した家庭用プロジェクターとして日本初となる、映画館級の描写力をもつ3色レーザー搭載ジンバル一体型4Kプロジェクター。

3色レーザーモジュールには、 LEDやレーザー技術で世界をリードする日亜化学工業のモジュールを使用。さらに JMGO が自社開発した光学エンジン MALC を搭載し、強力なレーザー光源でより明るくより鮮やか。ビーム状にまとまった強力な光を照射してくれる。

また、従来の3色レーザーモジュールに比べ大幅に小型化された日亜化学工業製「QuaLas RGB」により、日本国内では一部の映画館に導入され始めたばかりの最新技術 3色レーザー光源をホームプロジェクターというサイズに落とし込むことに成功した。

5月上旬から発送予定で、5月14日まで事前予約受付中。予約期間中に予約すると、「N1 Ultra 専用スタンド」が無料でついてくるという。

電気をつけたままでも楽しめる驚異の明るさ

実際に昼間のフロアで試しても、従来のプロジェクターを遥かに超える明るさを実感。カーテンを開けたままや、電気をつけたままの明るい部屋でも鮮明な映像を楽しめる。

これまで多くのホームプロジェクターの光源として採用されてきた LED や単色・2色レーザー光源は、構造上緑色の光が濁ってしまい、色の再現度に課題があった。

5月に本格販売が始まる、「N1 Ultra」(エヌワン ウルトラ)は、純色の緑レーザーを含む3色レーザー光源を搭載し、色の再現度が非常に高く次世代の色域規格 BT2020 を99.9%カバーすることにも成功。

JMGOライトスペックル低減技術と日亜化学工業の波長制御技術で、さらに高精度に

また、レーザー光源の数少ないデメリットである「スペックルノイズ」 という映像がざらついてしまう現象を、上下左右に高速で振動する板によって、1本1本の強いレーザー光を混ぜ合わせ、映像を滑らかにする JMGO 独自技術「ライトスペックル低減技術」と、日亜化学工業の高い波長制御技術で、圧倒的な明るさ・描写力・滑らかさを実現している。

さらに、光が拡散してしまう LED 光源プロジェクターに比べ、より明るく、色ムラのない鮮やかな映像を投影。明るい場所でもはっきりした投影やノイズレスな投影を実現してくれるという。

明るさは2200CVIAルーメン、投影方式はDLP、入力可能な映像解像度は4K(3840×2160px)・2K(2560×1440px)・1080p、画面縦横比は16:9、推奨投影サイズは100インチ。

強力でまとまりのあるレーザー光線によるコントラスト比は 1600:1 で、暗い部分をより暗く、明るい部分をさらに明るく投影してくれる。

めちゃめちゃスムーズな自動台形補正、サウンドも秀逸

そして「N1 Ultra」(エヌワン ウルトラ)は、どんなところでも、カチッと正しい長方形を映し出す自動台形補正が、圧巻。

左右上下に回転することができるシンバルスタンドが一体となったジンバルー体型設計で、別売りのスタンドなどを使用することなく、左右360度・上下135度と、非常に広い角度でレンズを向けられる。天井投影もOKだ。

台形補正角度・自動台形補正は、垂直±45度・水平±45度ということで、どこへ置いてもわずらわしい台形補正調整が不要。

フロント・リア・シーリングと投影スタイルを変えても、すばやく自動台形補正してくれて、部屋の移動や投影面の変更をストレスゼロで実現。誰でも気軽にかんたんに操作できるのも印象的。

これで、「夕食後はスクリーンに投影して映画を鑑賞、寝る前には角度を変えて天井でドラマを見ながら就寝」といった利用もでき、プロジェクター本体はいっさい動かさず、生活スタイルに合わせてフレキシブルに使える点も「N1 Ultra」(エヌワン ウルトラ)のアドバンテージだ。

サウンドも秀逸。デンマークのオーディオメーカー DYNAUDIO と協業した10W スピーカーを2基搭載し、高精度な描写と迫力あるサウンドで、フェスやライブの映像も、臨場感あるシーンを再現してくれる。

そして最後は、やはり最新 Android TV 11 の OS を搭載している点。プロジェクター単体でありとあらゆる映像・動画コンテンツを楽しめるのがうれしい。

―――そんな「映画館級」の3色レーザーを搭載したジンバル一体型4Kプロジェクター JMGO「N1 Ultra」(エヌワン ウルトラ)の詳細や最新クーポンについては、公式サイトをチェックしてみて↓↓↓
https://jmgo.jp/products/jmgo-n1-ultra

おすすめ記事
ワーナーブラザース スタジオツアー東京には「ハリー・ポッター」の世界を体感できる魔法グルメがいろいろあった! アンブリッジ教授のアフタヌーンティー、9と3/4番線オールデイブレックファスト…ワクワクだらけ
フード
ワーナーブラザース スタジオツアー東京には「ハリー・ポッター」の世界を体感できる魔法グルメがいろいろあった! アンブリッジ教授のアフタヌーンティー、9と3/4番線オールデイブレックファスト…ワクワクだらけ
池袋から西武線電車で20分で行ける、映画「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」シリーズの制作舞台裏。 映画制作の驚くべき世界を...