神戸市外国語大学がホスト校を務める模擬国連世界大会(National Model United Nations Japan Conference)が神戸で11月20~26日に開催されるのにあわせ、10月28日に神戸市役所で概要発表記者会見が行われ、神戸市外国語大学 田中悟 学長、ヒキタ・キーシャ・ロレーヌ・サントーヨ事務総長補佐、国際関係学科4年生 萩健夫 議長補佐役、国際関係学科3年生 松下巴南 大使役らが登壇。大会に向けて意気込みや、「平和」を議論するテーマに選んだ想いなどを伝えた。

「平和」に焦点をあてて議論

この模擬国連世界大会は国際連合が全面的な支援をおこなう唯一の大会で、実際の国際連合での会議と同様に、参加者が各国代表団として、国際問題に関して議論・交渉をおこない、語学力を含む総合的な国際コミュニケーション能力を高めることを目的とした教育活動。

今大会では、世界中で起きているさまざまな国際課題を踏まえ、「平和」に焦点をあてた議題で、Z世代を中心とした学生たちが議論を交わしていく。

神戸市外国語大学は、2016年11月に日本で初めての世界大会を神戸で開催し、今大会は、新型コロナウイルスの影響による2年の延期を経て、6年ぶり2回目の開催に。また、コロナ禍後初となる米国外での大会になる。

また神戸市外国語大学は、英語力や会議でのコミュニケーション能力、リサーチ力を磨くため、模擬国連の授業を開講し、毎年模擬国連世界大会へ学生を派遣するなど、模擬国連の活動に注力してきた。

今回の模擬国連世界大会は、大会運営に関わる学生運営委員会やボランティアの学生、そして教職員が協同し、神戸市外国語大学がホスト校として運営していく。

萩健夫 議長補佐役「活発な議論を手助けするよう尽力」

会見で神戸市外国語大学 国際関係学科4年生 萩健夫 議長補佐役は、こう意気込みを伝えた。

「現在国際社会では、絶え間ない地域紛争、エネルギー安全保障、気候変動、食料安全保障問題、そして核兵器に関する問題もあります。

国際社会は無数の問題を抱え、これらの問題が重なって、地域レベル・国際レベルでの平和が揺るがされています。

今大会ではおもに核軍縮の促進と核安全保障の強化について議論されます。

これら核に関する問題について、日本で議論することは、核の驚異を認識して、平和を再考するうえで、強い意義があると確信しています。

しかし、平和に関するトピックスは、核兵器の不拡散に関する条約(NPT)だけでなく、国連総会、国際社会経済理事会、安全保障理事会などで、平和の根幹につながる人間の安全保障について話し合わされます。

今大会の参加者にとって、平和や安全保障といった、平和を構成するものをみつめなおす機会となるだけでなく、議長補佐として、活発な議論を手助けするよう尽力します」(萩健夫 議長補佐役)

松下巴南 大使役「外交的で国際協調を促せる大使として活躍したい」

また、神戸市外国語大学 国際関係学科3年生 松下巴南 大使役はこう語る。

「今回の模擬国連世界大会では、ほんとうの平和とはなにかを考える機会です。主催する大学の大使団長として、めざす目標を話し合いました。

その目標は、個性を尊重しあい、神戸市外国語大学らしい大使団を育てるということです。

性格や得手不得手、価値観も異なるなかで、その違いをどうとらえるかが重要です。

多様な視点を活かし、チームとして方向性を大使団長として示し、準備期間中はひとりひとりの意見を尊重し大切にしてきました。

また、神戸市外国語大学は2008年大会以来、模擬国連世界大会に出場する数少ない大学のひとつです。

長い出場経験のなかで、学生主体の事業運営、チームビルディングをとおして、神戸市外国語大学は「入念な準備と知識を武器とした強さ」「外交的な姿勢」「攻撃的ではなく、協力的な姿勢」の3つの強さがあります。

国連目標である、全会一致をとおしたより多くの国が同じ方向性で課題を解決するということがあります。

会議本番では各国の特長をとらえつつも、神戸市外国語大学らしい、外交的で国際協調を促せる大使として活躍したいと考えています」(松下巴南 大使役)

文化視察やピースフォーラムも

―――コロナ禍後初となる米国外での大会、6年ぶり2回目の開催で神戸市外国語大学がホストを務める今回の模擬国連世界大会は、下記のようなスケジュールと参加者で実施される。

11月20日(日):大会参加者の到着と神戸市内視察
11月21日(月):文化視察(広島平和記念公園、広島平和記念資料館、被爆者講和)
11月22日(火):文化視察(清水寺、伏見稲荷大社)
11月23日(水):ピースフォーラム、開会式(神戸ポートピアホテル) 会期中、「総会」「安全保障理事会」「経済社会理事会」「核不拡散条約再検討委員会」の各委員会を実施(神戸ポートピアホテル)
11月26日(土):経済社会理事会(神戸市会本会議場)※他委員会は神戸ポートピアホテル、閉会式(神戸ポートピアホテル)

おすすめ記事
MSDセミナーで専門医が肺炎球菌ワクチン接種の重要性を解説、死に至るリスクも高いのに高齢者は“ワクチン打ち控え” 接種実施率は14%にとどまる現状に「肺炎球菌ワクチンの接種は医師の勧めが後押しに」
ビジネス
MSDセミナーで専門医が肺炎球菌ワクチン接種の重要性を解説、死に至るリスクも高いのに高齢者は“ワクチン打ち控え” 接種実施率は14%にとどまる現状に「肺炎球菌ワクチンの接種は医師の勧めが後押しに」
がんなどの悪性新生物、心疾患、老衰、脳血管疾患に次ぎ、日本人の死因の第5位にあるのが、肺炎(誤嚥性肺炎を除く)。 しかも、肺炎で死亡する人の...