英国女王の名を冠することが唯一許された名門ラグジュアリー・クルーズ・ライン―――キュナード Cunard 。

1840年以来、北大西洋での客船運航で世界をリードし、クイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの豪華クルーズ船3隻を保有し、2024年にはいよいよ4隻目の「クイーン・アン」(Queen Anne)が就航する。

英国の名門クルーズに新たに加わるこのクイーン・アンは、2024年5月3日に英国サウサンプトンからポルトガル・リスボンへと渡るクルーズで処女航海。

その船出まで7か月というこの10月に、イタリア ベネチアのフィンカンティエリ・マルゲーラ造船所でその姿を初めて公開したから、ここでフォトレポートを。

大胆な色調を取り入れ、印象的な美しさを表現

クイーン・アンのデザインは、世界的に著名なデザイナーアダム・D・ティハニー をディレクターに迎え、新しい船旅のスタイルを提案する特別なデザインを実現。

キュナード他船の設計図や過去のポスター、素材などあらゆるキュナードの歴史的資料を参考に内装は、キュナードの洗練された雰囲気は時代を超えて受け継がれており、新造船『クイーン・アン』ではその雰囲気を保ちつつ、大胆な色調を取り入れ、印象的な美しさを表現している。

プールや野外シアターが楽しめる「ザ・パビリオン」をはじめ、1300m2という広大なスペースを確保したウェルネス施設「マレール・ウェルネス&ビューティー」、アフタヌーン・ティーやパーティーが開かれる「クイーンズ ・ ルーム」、 メインダイニングのひとつである「ブリタニア・レストラン」などがみえてきた。

新造船「クイーン・アン」にはキュナード史上初の女性船長

英国の名門クルーズ、キュナードに新たに加わるクルーズ船「クイーン・アン」は、キュナード249隻目の客船で、キュナードがこれまで受け継いできた豊かな伝統や、王室とのつながり、長い年月を経て磨き上げられた今日の姿を祝して、クイーン・アン(Queen Anne)の名を冠した新造船。

このクイーン・アンの登場により、過去1000年の間、それぞれの時代に君臨した女王の名称が付いた4隻がそろいぶみ。

そして船長には、クイーン・エリザベスの船長も務めたキュナード史上初の女性船長、インガー・クレイン・トーハウガ船長が着任。

女性キャプテンならではクルーズ船のラグジュアリー旅が、ここクイーン・アンから始まる―――。

―――ということで、さっそくここからクイーン・アンの最新ラグジュアリー空間を、チェックしていこう。

ガラスドーム屋根でオープンエアになる「ザ・パビリオン」

最新豪華クルーズ船 クイーン・アン の「ザ・パビリオン」は、ガラスドームの屋根が特徴で、天気の良い日には格納してオープンエアに。

ここではスイミングプールを楽しむだけでなく、屋外シアターでの映画上映、さらには中央にステージと大型 LED スクリーンを使用したライブ演奏も行われる。

「ザ・パビリオン」のデッキ9にはジェラート専門店の「ジェラテリア」が、デッキ10には「ウェルネス・カフェ」がキュナードの登場。

「ウェルネス・カフェ」では、新鮮なフルーツをふんだんに使い、注文を受けてからつくるスムージーをどうぞ。

広大なウェルネス施設「マレール・ウェルネス&ビューティー」

最新豪華クルーズ船 クイーン・アン には、キュナード初、ヨガなどを楽しめる屋外ウェルネス・スタジオを含む1300平米のウェルネス施設「マレール・ウェルネス&ビューティー」も設置。

ヒマラヤ岩塩サウナやコールドルーム、サーマル・プール、スチームルーム、ドライサウナ、トリートメントルーム、フィットネスセンター、理容室、美容室など、その他のトリートメントを提供するサロンなど、充実したラインナップに。

「クイーンズ・ルーム」でアフタヌーン・ティーやパーティーを

キュナードの船を代表する「クイーンズ・ルーム」は、伝統と現代が調和された印象的で新しいデザインに。

ここではアフタヌーン・ティーやガラ・イブニング、クラシックコンサート、ダンスなど、さまざまなアクティビティが開催される。

3層吹き抜けの壮大な《グランド・ロビー》

最新豪華クルーズ船 クイーン・アン のグランド・ロビーは、船の中心には3層吹き抜けの壮大なグランド・ロビーがあり、船のエントランスとしてふさわしいエネルギーと光に満ちた印象的な雰囲気に。

過去から現在への移り変わりを表現するこのエリアには、海の旅を賛辞するモダンな彫刻の壁画が設置され、ライティングの変化によって様変わりする姿を一日じゅう体感できる。

海の景色を堪能できる《パノラマ・プール・クラブ》

船の一番後ろという絶好のポジションで海の景色を堪能できるパノラマ・プール・クラブは、モノクロストライプのスイミングプールが印象的で、DJやバンドの生演奏を聴きながら。日差しを避けるキャノピー(日避け)もあるから安心。

多彩なプログラムと設備《ウェルネス・スタジオ》

キュナード初の屋外ウェルネス・スタジオを含む1,300m2のスペースを有するマレール・ウェルネス&ビューティーでは次のような多彩なプログラムと設備を用意して、ゲストを迎えてくれる。

ヨガやその他アクティビティを体験できるフィットネスクラス/カーディオマシン、フリーウェイト、スプラングフロア、スピンクラススタジオ、パーソナルトレーナーが常駐するフィットネスセンター/理容、美容、その他トリートメントを提供するサロン/トリートメントルーム9室/ウェルネス・スイート(室内設備:マッサージベッド2台、オーシャンビューのリラクゼーション・ベッドと赤外線サウナ、スチームルーム、シャワー)/スチームルームとドライサウナ/サーマル・プール/サーマル・ラウンジャー8台/ヒマラヤ岩塩サウナとコールドルーム/エクスペリエンス・シャワー4室/リフレクソロジーフットバス4つ

クイーン・アン初登場《ブライト・ライツ・ソサエティ》

最新豪華クルーズ船 クイーン・アン には、客船に初めて電灯照明を導入したキュナードの歴史に敬意を表し「ブライト・ライツ・ソサエティ」という名のエンターテインメントを提供するバー・ラウンジが新たに登場。

店内はメタリックのゴールド、輝く電球、エレクトリックブルーが象徴的な空間で、キュナード初の試みとしてホスト(司会者)がお出迎え。

思いがけないパフォーマーやミュージシャンがステージに立ち、会場を盛り上げ、忘れられない一夜になるはず。

キュナードの定番《ゴールデン・ライオン》も

ゴールデン・ライオンは、ビール、ワイン、スピリッツなど充実したドリンクメニューとクラシックなパブ料理を提供。

フィッシュ&チップスなどのパブ料理に定評があるゴールデン・ライオンの新しい試みとして、英国のスターシェフ シェル・ルーが、パブの定番料理を洗練させ、新メニューとしてゴールデン・ライオンの料理に新たな息吹を吹き込むというから、要チェック。

メイン・ダイニングも最新ラグジュアリー空間に

現在運航中の3隻と同様に、客室カテゴリーごとに専用のメイン・ダイニング、《クイーンズ・グリル》《プリンセス・グリル》《ブリタニア・クラブ》《ブリタニア・レストラン》をレイアウト。

スペシャリティ・レストランも充実

メイン・ダイニング以外にも、バラエティ豊かな料理を堪能できるレストランを充実。

この新造船では、地中海料理からアジア料理、ステーキハウスやグリルまでを取りそろえ、ゲストはエキサイティングな食体験を―――。

どのレストランでも、キュナードが誇るホワイトスター・サービス、温かく居心地の良い雰囲気、そして世界中から集められた選りすぐりの食材による料理が楽しめる。

地中海料理レストラン トラモント/創作和食料理レストラン 味和/インド料理レストラン アランヤ/ステーキハウス サー・サミュエルズ

―――英国女王の名を冠することが唯一許された名門ラグジュアリー・クルーズ・ライン「キュナード」(Cunard)は、このたったいまも、多彩なクルーズ旅の参加者を募集中。

クイーン・アンは、2024年5月にサウサンプトン(英国)発着のコースで処女航海へと旅立ち、初シーズンはヨーロッパと地中海を中心にコースを展開。

その今後のクルーズスケジュールも随時公開していくから、気になる人はチェックを↓↓↓
https://www.cunard.jp/
https://www.cunard.jp/cruises/?relation_ship=20261&search=on

2024年に4隻体制へ、4隻同時就航が実現するキュナード

英国サウサンプトン カーニバル・ハウスに拠点を置き、1998年よりカーニバル・コーポレーションの傘下にあるキュナードは、いつまでも心に残る体験を提供することで知られている、英国のラグジュアリー・クルーズ・ライン。

1840年以来、北大西洋での客船運航において常にリードし、2023年には創業183周年を迎えた。

長きに渡り、大西洋航路のパイオニアであり、世界のクルーズ・ラインをリードし続けるキュナードでは、洗練された食事、厳選されたエンターテインメント、優れたサービスなどが体験できる。

たとえば、5ツ星クラスのレストラン、ルームサービス、ゲストスピーカーによる講演、図書館、映画に至るまで、ゲストの皆様にいつまでも心に残る体験ができるよう、きめ細やかなサービスも魅力のひとつ。

キュナードは現在、ヨーロッパ、カリブ海、アジア、オーストラリア方面に就航するクイーン・メリー2、クイーン・エリザベス、クイーン・ヴィクトリアの3隻を保有し、2024年には4隻目となるこのクイーン・アンが就航。

これにより、キュナードはさらなる世界戦略を強化、1999年以来となる4隻が同時就航することに―――。

おすすめ記事
栃木 とちぎ米 新CMでU字工事「うますぎて米んねコメんね~♪」 なかやまきんに君も「お米の糖質はトレーニングに抜群に相性がいい。甘みがあってめちゃくちゃおいしい。パワーっ! 筋肉もよろこんでます!」と絶賛
フード
栃木 とちぎ米 新CMでU字工事「うますぎて米んねコメんね~♪」 なかやまきんに君も「お米の糖質はトレーニングに抜群に相性がいい。甘みがあってめちゃくちゃおいしい。パワーっ! 筋肉もよろこんでます!」と絶賛
いやーことしもうまい「とちぎ米」がとれたなー! こんないい環境でとれた「とちぎ米」だから、うんめえわけだよなーっ。 ―――そう栃木弁で伝えて...