BIGLOBE は、昨今の物価上昇に関連し、全国の20代から50代の男女1,000人を対象に「2023年冬の生活とお金に関する意識調査」を実施。

その調査結果が「想像以上にそうだったのか!」と想わせるものと、「意外とわかる」という一面もみえて、興味深い。

物価上昇で「生活に不安」7割強

全国の20代から50代の男女1,000人に「昨今の(円安や)物価上昇にともない生活に不安を感じるか」を質問したところ、7割強の人が「生活に不安を感じている」という結果に。

「今までは感じなかったが、最近(ここ数ヶ月前から)不安を感じるようになった」(12.1%)、「1年以上前から感じていて、最近(ここ数ヶ月)より不安を感じている」(19.1%)をあわせ、最近(ここ数ヶ月)不安が高まった人が31.2%にのぼっていることがわかった。

ことし2023年「物価上昇を上回る賃金の増加はなかった」7割強

全国の20代から50代の男女1,000人のうち、有職者の男女733人に「物価上昇が続いているが、今年(2023年)、賃金(月給、手当、ボーナスなど総合的に)は上がったか」を質問したところ、「上がった(物価上昇を上回って上がったと感じる)」と回答した人は26.3%という結果に。

いっぽう、「上がった(上がったが、物価上昇には追い付かないと感じる)」(15.1%)、「変わらない」(47.9%)、「下がった」(10.6%)と回答した人をあわせ、「物価上昇を上回る賃金の増加はなかった」という人は7割強だった。

コロナ5類移行後初の冬のボーナスは「大きく使いたい」が3割

全国の20代から50代の男女1,000人のうち「冬のボーナスが出る予定」という368人に「コロナ5類移行後、初の冬のボーナスを大きく使いたいという気持ちがあるか」を質問すると、「ある」(12.8%)、「ややある」(17.7%)をあわせ、「大きく使いたい気持ちがある」という人は3割という結果に。

年代別では20代は4割強、30代は4割弱と若い世代の方が「大きく使いたい」という人が多かった。

6月に実施した「2023年夏の生活とお金に関する意識調査」より、夏のボーナスに関する質問と比較をすると、「大きく使いたい気持ちがある」と回答した割合は27.2%(夏)から30.4%(冬)に微増。20代~40代で増加が見られた。

冬のボーナスは「預貯金」が69%

さらに、「冬のボーナスをどうするか」については、「預貯金」(69%)が7割と最も多かった。

「預貯金」以外では、「旅行」が30.4%と旅行への意欲がうかがえる結果に。

次いで「外食」(24.2%)。「生活費の補てん」は20.9%だった。

クリスマスは「出費をある程度想定」約5割、若い世代ほど「コロナ禍よりもお金を使う」

全国の20代から50代の男女1,000人に「コロナ5類移行後、初のクリスマスの出費予定について」質問をすると、「出費をある程度は想定している」という人は約5割という結果に。

さらに、「今年(2023年)のクリスマスはコロナ禍よりもお金を使うと思う」については、20代(30.8%)、30代(23.2%)、40代(20%)、50代(15.6%)と若い世代ほどコロナ禍よりも出費を予定していることが明らかに。

20・30代は5割強が「クリスマスの予定がある」

また、「クリスマスの予定」について複数の質問をすると、「クリスマスの予定がある・予定がはいると思う」と回答した人は20代、30代は5割強に。

「プレゼントを買う(自分へ)」については、20代、30代が3割前後と、若い世代ほど自分へのプレゼントを買う予定であることが明らかに。クリスマスケーキ、クリスマスの食事については幅広い年代で5割が予定をしている結果となった。

――― BIGLOBEでは、現代社会が何を課題ととらえ、人々が何を必要としているのかを把握するために、若年から高齢の幅広い人たちに向けて、多様な角度から意識調査を実施していくという。

また今回の調査結果を踏まえ、BIGLOBEは「人と社会の多様な未来づくりに貢献する SDGs Action by BIGLOBE を推進していく」という。

こうした BIGLOBE の詳しい調査データは、公式サイトをチェック↓↓↓
https://www.biglobe.co.jp/research

おすすめ記事
イーデザイン損保 声かけデバイス「おまもりもし子」実用化にむけて一歩前進! もしかもマップと連携し児童の飛び出し防止を実現、自動車保険 &e アンディーとともに歩行者・車の両側面から事故撲滅めざす
ビジネス
イーデザイン損保 声かけデバイス「おまもりもし子」実用化にむけて一歩前進! もしかもマップと連携し児童の飛び出し防止を実現、自動車保険 &e アンディーとともに歩行者・車の両側面から事故撲滅めざす
イーデザイン損害保険(イーデザイン損保)と、金沢大学が共同で開発した見守りデバイス「おまもりもし子」が、実用化に向けてまた一歩前進した。 こ...