「症状の有無や性別にかかわらず、生理痛の理解が広まってほしい」

「自分に合った対処法を知ることの大切さを若い世代に知ってほしい」

―――そんな生理・生理痛で悩んでいる人たちの思いをくんで動き出しているのが、「ロキソニンSプレミアムファイン」などを手がける第一三共ヘルスケア「みんなの生理痛プロジェクト」。

「生理痛について 学び・考える授業」開催

第一三共ヘルスケア解熱鎮痛薬ブランド「ロキソニン」(OTC医薬品)が展開する「みんなの生理痛プロジェクト」は、生理痛と向き合う“はじめの一歩”を踏み出す「FIRST STEP ACTION」の取り組みとして、12月11日に大宮南高等学校の1年生を対象に「生理痛について 学び・考える授業」を開催。

そこでみんなが共有した情報と、これからの意識・姿勢とは―――。

「性別を問わず生理痛の理解を深めるきっかけに」

12月11日、埼玉県立大宮南高校の1年生352名は、「生理・生理痛について“学び・考える授業”」を受講。

まず最初に、ロキソニン内服薬ブランド担当者が今回の授業の趣旨を説明。

「性別を問わず生理痛の理解を深めるきっかけにしてほしい」

「痛みに悩む生徒に対しては我慢以外の対処法があることを知ってほしい」(ロキソニン内服薬ブランド担当者)

「男女で認識が違うから」「理解がないから」

次に、同校の事前アンケート結果や高校生全国調査の結果で学校生活に支障をきたしながらも生理痛を我慢している実態を共有し、その理由についてグループで討論。

生徒からは「言いづらさを感じるから」「男女で認識が違うから」「(周囲の)理解がないから」などの回答が集まった。

婦人科受診や市販の鎮痛薬…自分にあった対処法を

続いて、産婦人科医・高尾美穂先生がファシリテーターとの対談形式で生理・生理痛のメカニズムや対処法について講義。

生徒から事前に寄せられた「生理はなぜ、女子にだけ起こるのか」「いつ、どのように起こるのか」「生理の時はなぜ、気持ちが不安定になるのか」「どのくらい、どのように痛いのか」などの疑問についてゆっくり回答。

また、生理痛の対処法に関する講義では生徒から寄せられた「婦人科受診」や「市販の鎮痛薬」の質問についても解説し、自分にあった対処法を見つけることの大切さをみんなで共有した。

自分だったらどうするかをグループで討論

次に、講義を踏まえ、学校生活の中で起こりうる場面を設定して、自分だったらどうするかをグループで討論。

「仲の良い友人がつらそうにしながら教室にいたら、あなたならどうしますか?」というシナリオでは「(いつもより)小さな声で話かける」「保健室に連れて行く」「目の前のことを手伝う」「そっとしておく」といったフォローが集まった。

さまざまなアプローチが考えられるなかで、とるべき対応の正解が決まっているわけではなく、人によって対応の受け方はさまざまであることを共有しながら、つらそうにしている具体的な理由まで触れずに、「体調が悪そうに見えるけど大丈夫?」などの声かけをするアプローチもあることを学んだ。

「無理をさせない」「寄り添う」「(電車などで)席を譲る」

このあと、「生理・生理痛で困っている人がいたら、周りの人はどういうことができると思うか」を各自で考察。

「大丈夫ですかと声をかける」といった意見のほかに、「無理をさせない」「寄り添う」「(電車などで)席を譲る」などの気づきをみんなで共有した。

―――この特別授業では、生理・生理痛に限らず、体調が悪い人に対して思いやりを持つことへの理解を深めあえたことに……。

ロキソニン内服薬 土合桃子 BM「なるべく早い段階で、性別に関係なく」

「生徒のみなさんが講義や話し合いに積極的に参加されている様子から、生理・生理痛について考えるひとつのきっかけにつながったことがわかり、たいへんうれしく思いました。

これからも「FIRST STEP ACTION」を通じ、なるべく早い段階で、性別に関係なく生理痛と向き合う機会を提供することで、生理痛への理解と思いやりのある社会の実現を目指していきます」(ロキソニン内服薬シリーズ 土合桃子 ブランドマネジャー)

「10代の今だからこそ向き合ってほしい「生理痛」について、男女で学ぶ機会が実現しました。授業に積極的に参加する生徒の姿から、自分も他人も大切にする社会は作っていけると確信できました。本校の実践が、多くの人に届き、生理痛に向き合うきっかけになることを願っています」(1年担当 国語科教員 井戸洋子先生)

「プログラムを提供する側のつもりで参加した私たちフェルマータですが、実際には、高校生のみなさんの言葉ひとつひとつが新鮮に感じられ、自分たちの固定観念を見つめるきっかけと、多くの刺激をいただきました。

『教える側』と『学ぶ側』を固定するのではなく、異なる世代がお互いの価値観を交換し合うことで、誰もが少しだけ生きやすくなる世界に近づけるのではないかと思います」(fermata カマーゴ リア氏 本山未奈海氏)

「ロキソニンSプレミアムファイン」

―――つらい生理痛のメカニズムに着目した独自処方の鎮痛薬で、生理に伴うしめつけられるような下腹部の痛みや、血行不良・冷えに伴う腰痛、生理周期に伴う頭痛、に速くよく効くという。

「ロキソニンSプレミアムファインは、痛みをすばやく抑える鎮痛成分「ロキソプロフェンナトリウム水和物」と、つらい生理痛のメカニズムを考えた成分(シャクヤク乾燥エキス・ヘスペリジン)を配合。

痛みの原因と悪化要因を考えた独自の処方設計で生理に伴う痛みによく効きます。

胃を守る成分※2を配合し、胃への負担を軽減します。

眠くなる成分※3やカフェインを含まないので、仕事中やお休み前などタイミングを気にせず服用いただけます」

by 第一三共ヘルスケア
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/special/project/

おすすめ記事
「同窓会~優しくて残酷な彼を偲んで~」1/11-15公演初日に若手俳優陣がずらり! オンライン観劇チケットはまだある! 玉城裕規 和田琢磨 三浦涼介 陳内将 定本楓馬 松島勇之介 石川凌雅 星元裕月 武子直輝 高橋健介 ら出演!
エンタメ
「同窓会~優しくて残酷な彼を偲んで~」1/11-15公演初日に若手俳優陣がずらり! オンライン観劇チケットはまだある! 玉城裕規 和田琢磨 三浦涼介 陳内将 定本楓馬 松島勇之介 石川凌雅 星元裕月 武子直輝 高橋健介 ら出演!
玉城裕規、和田琢磨、三浦涼介、陳内将、定本楓馬、松島勇之介といういま注目の若手俳優陣をはじめ、石川凌雅(1/11・1/15)、星元裕月(1/...