「BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD」

そんな企業使命のもと、2030年に向けて「美の力を通じて“人々が幸福を実感できる”サステナブルな社会の実現」をめざし、注力するスキンビューティー領域で新たな価値を提案し、ユーザーとともに環境負荷軽減に貢献する取り組みを推めている企業―――資生堂。

そんな資生堂は、「ボトル製造」と「中味液充填」をワンステップで実現する技術「LiquiForm」(リキフォーム)を世界で初めて化粧品に採用し、環境負荷軽減に貢献する化粧品のつけかえ容器を開発。

「LiquiForm」とは、AMCOR(アムコア)社が中心となって開発した新規容器技術で、この技術を実用化した吉野工業所と、資生堂が共同で化粧品容器を開発した。

70%のCO2排出量を削減

今回の開発で、化粧品容器の製造に関する吉野工業所の知見と、製品の品質保証、デザイン性や仕様など化粧品製造に関する資生堂の知見を活用し、LiquiForm を化粧品容器に応用することができた。

LiquiForm を活用した化粧品のつけかえ容器は、容器単体のプラスチック使用量を約70%削減可能で、原材料調達~生産~使用~廃棄のサプライチェーン全体で、資生堂の標準的な従来のつけかえ容器(同容量)に対して約70%のCO2排出量を削減。

また単一素材設計なので、リサイクル適性にも優れている点もポイント。

新容器をプレステージブランドなどへも展開

資生堂では、この新規容器が、環境課題を考える機会やユーザーが参加できる課題解決の新たな選択肢になると考え、「引き続き「美」の価値創造という本業を通じて、すべてのステイクホルダーのみなさまとともに環境・社会課題解決に向けたアクションに取り組んでいく」という。

資生堂は今後、このつけかえ容器を活用した商品をプレステージブランドなどで展開していく構え。

中味充填とボトルの成型を同時に行う技術に期待

LiquiForm の技術は、従来のつけかえ容器のように既に成型された空ボトルに中味を充填するのではなく、容器のもととなるプラスチック部材を加温して柔らかくし、そこに圧力をかけて中味を充填することで、中味充填とボトルの成型を同時に行う技術。

これにより従来容器工場から充填工場へ輸送していた空ボトルの輸送が不要になり、輸送時の破損・変形の懸念が解消。

つけかえ容器を薄い設計にできるため、容器単体のプラスチック使用量を削減できるだけでなく、容器全体のデザインの幅も広がり、ユーザーが化粧品に求める世界観や高級感など心理的な満足感につながるプレミアムな容器を実現できる。

今回、吉野工業所と開発したつけかえ容器は、中味使用後に本体容器から取り外して新しい容器と交換できるため、本体容器を繰り返し使用できる設計にした。

「資生堂イノベーションカンファレンス 2022 ~知と体験の融合~」(10/20 渋谷ヒカリエ)に登壇した、資生堂 エグゼクティブオフィサー チーフブランドイノベーションオフィサー チーフテクノロジーオフィサー 岡部義昭 常務、資生堂 みらい開発研究所 江連智暢 フェロー、堀場聡 研究員、遠山麻依 研究員、資生堂 ブランド価値開発研究所 横尾美星 所員

おすすめ記事
オハヨー乳業の大人気スイーツ BRULEE ブリュレ に4倍サイズ「グランブリュレ」30個限定販売中!「口溶けとパリっとした食感がスペシャルでアイスという枠に収まらない」ぼる塾 はるか あんり 田辺、紺野彩夏 も絶賛
フード
オハヨー乳業の大人気スイーツ BRULEE ブリュレ に4倍サイズ「グランブリュレ」30個限定販売中!「口溶けとパリっとした食感がスペシャルでアイスという枠に収まらない」ぼる塾 はるか あんり 田辺、紺野彩夏 も絶賛
「まず『BRULEE』が食べごろになるのを待つ時間が贅沢じゃないですか。 そしてなによりも味が良い! アイスでクレームブリュレのパリパリを表...