資産形成の関心度「どちらかというと関心はない・まったく関心がない」……約36%

日銀マイナス金利政策の解除「特に気にしていない」……6割超

関心がある資産形成TOP3は「NISA・つみたてNISA」「預貯金」「株式投資」

資産形成に関する用語は聞いたこともない? 「新NISA」の用語と内容が分からない24.7%「iDeCo」は41%

10問中6問が「7割以上」が用語も内容も「わからない」

「人生のマネープラン」が上手そうな有名人第1位は「厚切りジェイソン」

―――そんな調査結果を公表したのが、暮らしとお金を考えるWebメディア「ファイナンシャルフィールド」(運営:ブレイク・フィールド社/https://financial-field.com/)。

ファイナンシャルフィールドは、全国の20代~60代の男女851名を対象に3月末、「資産形成とお金に関する意識調査アンケート」を実施。

日本での資産形成の関心度は低い?どちらかというと関心はない~まったく関心がないが3割以上

資産形成への関心について調査したところ、「すでに行っている」と回答したのは20.3%。

反対に「どちらかというと関心はない」「まったく関心がない」の合計は35.7%に達した。

資産形成の重要性が叫ばれる昨今、まだまだ日本では関心が高くないことがわかる。

関心がある資産形成TOP3は「NISA・つみたてNISA」「預貯金」「株式投資」

資産形成を「すでに行っている」「すごく関心がある」「少し関心がある」人に、関心がある資産形成について調査したところ、トップが「NISA・つみたてNISA」(25.8%)、次いで「預貯金」(18.7%)、株式投資(17.7%)。

「預貯金」が上位にランクインし、まだまだ資産形成に保守的な人が多い。

日銀マイナス金利政策の解除「特に気にしていない」が6割超

2024年3月に日本銀行が「マイナス金利政策」を解除し、金利引き上げを決定。

これについてどのように感じているか調査したところ、「特に気にしていない」が63.6%で圧倒的に1位に。

資産形成を始めたい(関心がある)きっかけは老後の資金形成のため

資産形成を「すでに行っている」「すごく関心がある」「少し関心がある」人に、資産形成を始めたい(関心がある)きっかけや資産を増やしたい動機を調査したところ、4割強が「老後資産の形成」と回答した。

用語と内容が分からない「新NISA」24.7% 「iDeCo」41%

資産形成に関する用語の理解度を調査したところ、用語も内容も理解されているのは「新NISA」が最多で29.8%。唯一20%を超えた。

ただし「新NISA」の用語も内容も分からない人が24.7%いた。

「iDeCo」の用語も内容も分からない人が41.1%。10問中6問が「7割以上」が用語も内容もわからないと回答した。

「人生のマネープラン」が上手そうなイメージがある有名人は?

「人生のマネープランが上手そうなイメージがある有名人」を調査したところ、第1位は資産形成に関する著作が多い 厚切りジェイソン(24.8%)。

2位は同じく資産形成に関する著作が多い パトリック・ハーラン(パックンマックン)(12.6%)、3位はドラマで銀行員役を演じた堺雅人(11.8%)、4位は GACKT(10%)、5位は 芦田愛菜(8.3%)だった。

「情報収集に積極的でない」が明らかに

「今回の調査結果では、一般生活者の「資産形成」関心度の低さや「日銀マイナス金利政策の解除」も6割以上が「特に気にしていない」と回答しているなど、まだまだ「お金」に関する話題には多く触れているにもかかわらず、“自分ごとになっていない”人が多く、特に気軽に「学べる」機会の認知不足を改めて感じました。

また「情報の収集に積極的ではないこと」がアンケート調査結果から読み取れました。

これからも「お金」のことや、日々の暮らしの悩みや課題をわかりやすく解決、役立つ情報提供をファイナンシャルフィールドを通じて行ってまいります」(ファイナンシャルフィールド)

―――ファイナンシャルフィールド( https://financial-field.com/ )は、生活のなかで生まれる「お金に関する疑問」や「最新のトレンド」をプロがわかりやすく説明し、お金のコンシェルジュとして、より快適で、より良い生活のアイデアを提供するメディアというから、気になる人はチェックしてみて。

おすすめ記事
長谷工コーポレーションの居住型実験住宅で AI IoT スマートハウス を体感「サステナブランシェ本行徳」に出現した13戸に多彩な最新機能&ソリューション、実際に住んで検証&データ収集し住まいに新たな価値を
ビジネス
長谷工コーポレーションの居住型実験住宅で AI IoT スマートハウス を体感「サステナブランシェ本行徳」に出現した13戸に多彩な最新機能&ソリューション、実際に住んで検証&データ収集し住まいに新たな価値を
これは次世代マンションを試しているのか? それともそこに住む人間が試されてるのか? ―――そんな2択へと考えが行き着くほどインパクトのある、...